NARUTOナルト60巻の感想ネタバレ、八尾のビーと九尾のナルト Vs. 6匹の尾獣たちの対決、人柱力

ナルト60巻の感想ネタバレ

以下は、ナルト60巻の感想ネタバレを含みます。

NARUTOナルト61巻の感想ネタバレ mangaマンガ 「兄弟、共闘!!」
naruto 62巻の感想 2012年10月発売

八尾のビーと九尾のナルト Vs. 6匹の尾獣たちの対決

ニセマダラのトビは、人柱力達を操り、八尾のビーと九尾のナルトを倒そうとする。
ナルトは、人柱力達を操る黒い棒を取り除いて、人柱力達の操作を断絶しようとするがなかなかうまくいかない。

そんなときに、八尾と九尾がテレパシーによって会話する。

四尾は孫悟空。
九尾の名前は「くらま 九喇嘛」(難しい漢字で手書き入力でないと入力できません。)

 5匹の尾獣と対峙するカカシとゲキマユ先生。各々の尾獣が尾獣玉を彼らに向かって放出する。
 その状況を見たナルトは、瞬間的なスピードで、カカシ達の前に移動し、尾獣玉を周辺にはじき飛ばした。
 その様を見たカカシは、瞬身の術を使う4代目火影の面影をみて、ミナトが出現したと勘違いし「先生」と叫んでしまう。
 それは九尾とタッグを組んだ尾獣化したナルトだった。
ナルトの成長を目の当たりにした二人は驚きを隠せなかったとともに、時代の交代を知る。

 九尾と八尾 対 5匹の尾獣との闘いとなった。
5匹の尾獣は、各々尾獣玉を一つにして、ナルト九尾へ放出する。
ナルト九尾も対抗するように尾獣玉を放出する。
ぶつかり合う2つの尾獣玉。ナルト九尾が放出した尾獣玉が、5匹の尾獣が放出した尾獣玉を上方へ押し上げて、上空で爆発した。

 そして、ナルト九尾は、5匹の尾獣をつかみ、尾獣達を操つるための受信機である黒い棒を取り去った。

 そのとき、人柱力と尾獣達は別の空間に集合した。
その場所では、彼らは敵ではなかった。

その場所で、人柱力と尾獣達は、心を通わせ、ナルトにある力を与えた。
そして、トビは、5匹伸び獣達を再び魔神に取り込んだ。

トビは、あいかわらず、ナルト達の力を甘く見ていた。

60巻の感想

にせマダラの正体が前巻59巻まではとても気になっていましたが、ナルト60巻を読んでいるうちに、そんなことはどうでも良くなりました。ナルトと尾獣たちの戦いが面白くなりました。

その他のナルトのコミックの感想

ナルト61巻感想ネタバレへ

前回ナルト59巻はこちら
NARUTOナルト61巻の感想ネタバレ mangaマンガ 「兄弟、共闘!!」2012年7月27日発売
・カテゴリー
ナルトNARUTOの感想、ネタバレ

UDF きれいなジャイアン7月発売

3色にシャープペン、三菱鉛筆 ジェットストリームプライム 3&1多機能ペン (ボールペン0.7mm インク:黒・赤・青、シャープペンシル0.5mm)

第3次スーパーロボット大戦Z 時獄篇 PlayStation 3

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: ナルトNARUTOの感想、ネタバレ タグ: , , , , , , , パーマリンク