ブレンダーBlenderで基本アニメーション、A点からB点への移動、キーボードの「I」キー

ブレンダーのショートカットキーの操作メモ

ブレンダーBlenderで基本アニメーション、A点からB点への移動、キーボードの「I」キー
ブレンダーの操作、使用方法は、ソフトに用意されている「メニューをマウスによって選択して設定する」よりは、「キーボードのキーを押し」て設定するほうが多いように感じます。
今回アニメーションを設定する場合もそうです。

たとえば
ブレンダーでアニメーションを設定しようとするときは、メニューではなくてキーボードの「I」キーです。
Lightwave3Dでは、レイアウトのキーフレームを設定すればよかったです。
(Lightwave3Dは現在11が新しいようです。パラレスドングルをもっているので、USBドングルに変更すると、約7,8万円かかります。)

アニメーションについてブレンダーで覚えるのは キーボードの「I」キーだけです。

メニューでは見つかりませんでした。ユーチューブの動画で、外人のお兄さんが、「あいきー」とかいっていて画面にメニューが表示されているのを見ました。

オブジェクトが動く前の「キー」を設定するのは、キーボードの「I」キーを押します。
キーボードの「I」キーを押すと、メニューが表示されますので、該当する項目のメニューを選択します。
今回は、Locationです。

画像。

ハジメの位置決めの設定をして、

次にフレームをすすめて、
次に
オブジェクトを移動して、キーボードの「I」キーを押します。

この手順が大事です。
オブジェクトの位置を決定して、キーボードの「I」キーを押して、
フレーム数を設定して、物体を動かして、キーボードの「I」キーを押します。
つまり、今回は、2回のキーボードの「I」キーを押しました。
注意点は、アニメーションをはじめたいオブジェクトの最初の位置もキーを決めておく必要あります。
そして、アニメーションの終点の位置に、オブジェクトを移動させるときに、フレーム数を決めておく必要があります。
これを忘れると、アニメーションになりません。

無料の3Dモデリング、レンダリングアニメーションソフトブレンダー


キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 vol.3 -Blenderでつくる、ポリゴンキャラクター

フラレフア バニティ モノトーン

シルキー シンフォニーシリーズ ユーフォ二アム

GW-4000-1A3JF

在庫有

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: 3DCGポリゴン、アプリ, ブレンダーBlender パーマリンク