今日買ったマンガ、めしばな刑事タチバナ2巻、総特集吾妻ひでお2011年4月発行

今日買ったマンガ、めしばな刑事タチバナ2巻、総特集吾妻ひでお2011年4月発行

めしばな刑事のコマの一部を何処かのサイトで見て、面白そうだなと思って読んで見ました。2巻を読んだのは、面白ければ3巻4巻と続けて読もうかと思いました。

感想
文字大杉、説得力が大げさすぎて、チェーン店にいかない人にとっては、よくわからないウンチクが並び理解できずについていけない。
絵柄は丁寧なので、見やすい。

そう考えるとこち亀はウンチクを語っていても飽きさせず、わかりやすく描いている。
違いがわかると、今後の漫画の参考になりそうです。

吾妻ひでお2011年特集

個別の作品が面白くないのですが、女の子のキャラクター可愛いので、好きな作家さんですq。ストーリーが脈絡なくてよく編集者は文句言わないのかと思ってます。

画力と想像力が他者から抜きんでいるのだと思いました。

本人の写真を見てちょっとびっくりです。なんか浮浪者そのままですね。ちょっと怖いです。

なるほど、漫画の本人は可愛らしいので、どれくらいデフォルメされているのか本人の写真を見るまでわかりませんでした。

本の内容は、インタビューが充実していて読み応えありです。全部まで読んでません。そこそこに壮絶な内容があり、読んでいると自分の気分がおちこみそうなのでゆっくり読もうかと思います。

また、アイデアスケッチが掲載されているので、吾妻ひでおタッチのキャラクターが好きな人にはオススメです。
ただし、鉛筆画デスので、はっきりとした線が印刷できていないところもあります。しかし、、十分に見て取れます。

20120917-131055.jpg

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: マンガ感想 パーマリンク