エディマーフィー主演、ジャックはしゃべれま1,000(せん)感想あらすじネタバレ含みます

エディマーフィー主演、ジャックはしゃべれま1,000(せん)

 感想あらすじネタバレ含みます
A thousand words

ジャックが話すと不思議なことに庭の木から葉が落ちる。
木の葉っぱが全部落ちきると死んでしまうと言われたジャック(エディマーフィー)。
話せるその数は1000語。
そのためできるだけ話さないように身振り手振りで相手に伝えようとする。しかも、文筆でもちゃんとカウントされてしまう。
話せないから仕事も家庭も崩壊寸前。

なんとかしたいがなんともならない。
さあどーなる。
という感じでストーリーが展開します。

Eddie Murphy’s voice actress is 山寺宏一koichi yamadera.
Jack who Edy acts in this movie, He is agent. A tree growed suddenly and rappidly in his house garden.
The leaves have all gone off the tree. He can not talk if possible one word. When a tree losses all its leaves, the tree is dead. He will die.

感想
エディマーフィーらしい映画ですね。
ストーリーが少々突飛ではありますが悪くはありませんが、おすすめでもありません。

impression
this movie is not bad or not good, if you have time, you see.
I dont recommend this movie.

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: 映画、ドラマ感想 タグ: , , , パーマリンク