海外ニュース、ライフハック、1日のコーヒーが出産に影響を及ぼす?

海外ニュース、ライフハック、1日のコーヒーが出産に影響を及ぼす?

コーヒーは、日常的に飲む飲料物です。
しかし、カフェインが妊婦に影響を及ぼすというのは驚きです。

以下は海外のニュースの和訳です。英語の勉強しています。
Caffeine linked to low birth weight in babies
http://www.foxnews.com/health/2013/02/20/caffeine-linked-to-low-birth-weight-in-babies/

1日1杯のコーヒーが妊婦の出産に影響を与えると研究者が発表しました。
コーヒーに含まれるカフェインが、胎児の低体重児の出産率を上げるというのです。

1日1,2杯のコーヒーに含まれる100,200mgの摂取で、62%も低体重児の出産率を上げるというのです。

学会は、低体重児の出産率に喫煙は無関係として、カフェインが影響を及ぼすと見ています。

コーヒーは、カフェインの原料の一つにすぎませんが、長期の妊娠に関係があると考えられているようです。

理由はいまのところ、不明で有り、確かなことは世界健康機関(?)は妊娠中のカフェインの取得を控えるように提案しています。
ある研究者は、1日200ml以下に抑えるべきと提案しています。

前回の記事

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: 海外のニュース記事 パーマリンク