海外ニュース、サムソンから勝ち取った5億ドルの賠償が無効とされたアップル

海外ニュース、サムソンから勝ち取った5億ドルの賠償が無効とされたアップル
たぶん、実際は無効、取り消しと言うよりは、正確な金額違っていたので計算をやり直すということでしょう。

 優れたデザインセンスと操作性で製品をプロダクトするアップルと他社の技術をあたかも自分が開発したものとするサムソンとの特許戦争。
 泣き寝入りする日本とは偉い違いです。闘うべきところは闘わないと、そのうち母屋すらとられてしまいます。

Samsung
Half of $1 Billion Apple Awarded from Samsung Invalidated March 01, 2013

Read more: http://techland.time.com/2013/03/01/half-of-1-billion-apple-awarded-from-samsung-invalidated/#ixzz2ML6oMM9F

A federal judge(連邦地裁判事) は金曜日、 サムソンがアップルに対して支払うべき金額としてjury(陪審員)が決めた約0.5Billionn(5億ドル)のスマートフォンとタブレットに関する損害賠償を取り消した。

コー判事は、損害額である$450.5 millionは実際よりも低い金額であることがわかった。それは、juror(陪審員)が正確に損害額を計算していなかったことと指摘した。新しい計算では、$599million(百万)よりも低いものとなった。

 そして、コー判事は、1ダースにも及ぶ異なるスマートフォンとタブレットに関するアイデアをサムソンが盗んだとするアップルの申し立てについて、新たな審理を命じた。

iPhoneとアイパッドを製作するためにアップルが使った革新的技術をサムソンが盗んだと判断し、そして、サムソンがアップルへ$1.05 billionを支払うよう命じた。

昨年陪審員は、アップルの技術(最後の画像をスクロールすると、バウンドして元に戻る、“bounce-back”やズームするときの二本指でピンチする方法)をサムソンが違法に使用したと判断した。

アップルとサムソンは似たような裁判を8カ国で起こしている。
韓国、日本、フランス、ドイツ、オーストリア他である。

アップルとサムソン勝のはどっちか

前回のニュース

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: 海外のニュース記事 パーマリンク