アレルギーについての新しいガイドラインでは、子供に早い時期ピーナッツを与えた方がよい、海外ニュース

アレルギーについての新しいガイドラインでは、子供に早い時期ピーナッツを与えた方がよい、海外ニュース

画像

私は小麦アレルギーがあります。40代になって気づきました。それまでは、毎朝パンを食べていました。でも症状が軽い(お腹、ふとももが赤くなってじんましん状態でかゆくなります)ので、極力小麦の食品を食べないようにして、食べたくなったら、食べるようにしています。20代に比べて、1ヶ月に一回くらいしか油ものを食べなくなりました。

あと唐辛子にもアレルギーがあるようで、食べると顔が真っ赤になります。そのため、辛口のカレーは食べられません。カレーに唐辛子が含まれているからです。甘口カレーだと大丈夫でした。

New allergy guidelines advise giving babies peanuts earlier
http://www.foxnews.com/health/2013/03/05/new-allergy-guidelines-advise-giving-babies-peanuts-earlier/

a strong family history of allergies アレルギーに関する家族歴
That is a far cry ほど遠い

(和訳です。まちがっているかもしれません)

火曜日のウォールストリートジャーナルのハイライト記事に、
4から6ヶ月の赤ちゃんに関して、ピーナッツバターとたまごのようなアレルギーの原因となる食べ物を紹介しています。

アメリカの小児科学会(?)では、ミルクは1歳になるまで、たまごは2歳、ピーナッツは3歳になるまで与えてはならないと推奨していますが、その内容とはほど遠いものです。

食べ物アレルギーの影響を受けている子供は、アメリカ国内の場合、5歳以下の子供の5%にあたり、この数字は、最近上昇傾向にあります。

定説によれば、未発達状態の子供たちは、多くの細菌にさらされているが、免疫システムがはたらきアレルギーが少ないと考えられています。

ピーナッツアレルギーの子供の発生率が低いイスラエル

ある調査によれば、イスラエルでは、ピーナッツアレルギーの子供の発生率が低くなっていて、それは、6ヶ月前の赤ちゃんにピーナッツを含んだ食べ物を与えているとのことです。

2008年のイギリスの調査では、イスラエルの子供に比べて10倍もピーナッツアレルギーの子供がいるそうです。

アレルギー専門家と研究者は、この発見についてより詳しく調査しています。
5000人の赤ちゃんから採決した血を調査すると、低いレベルのビタミンDの赤ちゃんは、3倍もの確率で食べ物アレルギーになるそうです。

医者と議論すべきでは

 両親は、小児科医とアレルギーの専門医と共に、特にアレルギーの家族歴がある家庭においては、これらの食べ物を早い時期に与えるかどうかを議論すべきでしょう。

以上

前の海外ニュース

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: 海外のニュース記事 パーマリンク