ピンクスライム製造会社は、製造し続け抵抗している、海外ニュース

1年後、ピンクスライム製造会社は、製造し続け抵抗している、海外ニュース

ピンクスライム肉

One Year Later, The Makers of ‘Pink Slime’ Are Hanging On, and Fighting Back,March 06, 2013
Read more: http://business.time.com/2013/03/06/one-year-later-the-makers-of-pink-slime-are-hanging-on-and-fighting-back/#ixzz2Mon7igJ7

 5週間前、インターネット上では、アメリカ国内で、挽肉にピンクスライムが使われていたと知れ渡った。
製造者は、ネブラスカビジネスの殿堂に迎えられていました。

 2012年2月、エルドン・ロス、彼は、学位はなかったが、功績によりたたえられていた。
肉加工プロセスで、廃棄されることになった肉から赤身肉を抽出する方法を発明したことがその功績である。
 彼は先駆者として賞賛されました。それは、かつて捨てられていた肉を再利用するだけでなく、かなり安全に肉を扱えるようになったからです。

彼が見つけた肉製造のサウスダコタの会社は、バクテリアや細菌の発生を防ぎ、国の定めたガイドラインを凌ぐ高い評価を得ていました。

 それは、ロスの発明として、従来の挽肉を混ぜることにより、細身の肉と高くない肉を製造する方法として知られていました。これをlean finely textured beef, or LFTB 赤身に質感を持たせた肉

 2月の授賞式のときに、ロスは、彼の会社を支えてくれたネブラスカの人に感謝しました。
彼は述べました。
「あなたが人生ですることのいくつかは、ときに、見当の付かないことがあるでしょう。」“at the time, you have no idea what they’re gonna mean.”

In a matter of weeks, 数週間のうちに、ロスとBPIは、ABCニュースの調査の的となりました。その後すぐに、BPIは、4つの工場のうち3つを余儀なく停止し、7000人の従業員を解雇しました。これは、フードチェーン、スーパーマーケット、そして、公立の学校への肉の供給を停止した後のことです。

30年前に設立された彼の会社は、30日もたたずに身動きがとれなくなりました。

ピンクスライム肉の放送は、アメリカの挽肉を完全に変えました。

LFTBは、肉の5%を占めておりますが、昨年は70%を占めるほどでした。
食肉業界は、牛肉に馬肉が混入していたという報道によって、また注目を集めました。

その会社は、まだ継続しています。BPIでは、広範囲のキャンペーンを実施しています。

リポーターがBPIの工場を話を聞こうとしましたが、ロスの家族とBPIの従業員は、メディアの質問に答えようとはしませんでした。

スライムの起源は

LFTBのキーとなる革命は、脂肪から赤身肉を分離するための遠心分離器を使用することにあります。

歴史的にみれば、肉解体のプロセスで肉の残骸から落ちた小さな肉くずは、廃棄された。それは、必要な肉の部分を分離するのに、むだに労力が必要だったからです。
しかし、ロスの遠心分離器は、それをやり遂げました。

LFTBは従来の挽肉に加えられました。全体的な価格と脂肪の内容で再構成されました。

E. coli大腸菌
LFTBはすでに製造されており、1933年のシアトルで、大腸菌の発生から、600人が病気になり、4人の子供が死にました。生焼けのハンバーガーが原因でした。

BPIの製造物はその中には含まれていませんでしたが、ロスは、LFTBに意見を述べていました。

1994年、ロスは、アンモニアガスを使ってLFTBを作る新しい方法を見つけました。
2001年に、FDAとUSDAは、この新しい方法を認可しました。

(まだありますが、ここまでにします。)

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: 海外のニュース記事 パーマリンク