母親が、娘の就活を手伝う、海外ニュース

母親が、娘の就活を手伝う、海外ニュース

カリフォルニア州に住む母親、リンダ・スミスさんは、娘の職を得るために500ドルあげます

Calif. Mom Linda Smith Offers $500 To Get Her Daughter A Job

(和訳の意味が違っているかもしれません。)
不況は、多くの就職希望者を極端な行動へと向かわせています。
「私の妻を雇って欲しい」とビルボードに広告を出した夫がしました。
また、あるイギリス人は、「500ユーロを使ってこのビルボードに広告を出しました。私に仕事をください。」という広告をだしました。
 ある女性が、娘を雇ってくれる雇い主の誰かに、現金を提案しています。


 リンダ・スミスさんの娘さんは、6月から仕事が見つかっていないので、スミスさん(61歳)は、手作りでボードを作り、「仕事ください(雇ってください)、500ドルでいかが?」と書き込み、娘の履歴書をもって、ドライバーに履歴書を渡しながら、道路脇に立って宣伝しました。
(500ドル現金で払うから、娘を時給15ドルで雇って欲しいという意味になるでしょうか。始めの理解として、500ドルで娘を雇って欲しい(雇用主が500ドル支払う)と意味を考えると月給で500ドルとなります。そうなると、非常に安い賃金なので、損します。
ということは、この500ドルは、雇われる側が支払う金額と考えるのが正当です。つまり、時給を提示しているので、時給15ドルで8時間を考えると、1日120ドルとなり、土日を除く平日20日で2400ドルです。そして、500ドル払ったとして1900ドルの収入にナルト言うことでしょうか)

 多くの人にとって、カリフォルニア州でフルタイムの仕事に就くのが難しくなっています。
また、リンダさんの娘さんには、ほかの問題もあって、彼女は求職市場から外れています。というのは、リンダさんは、1996年に受けた交通事故によって、軽い認知症の症状があり、日付と自分がどこにいるのかわからないのです。
 そのことで、リンダさんの娘リサさんは、お母さんの面倒をみるためにフルタイムの仕事を辞めました。政府の補助と介護年金で生活しています。新聞のレポートによれば、リンダさんは、一人でも十分生活ができる状態になったといううれしいニュースがありました。
 リンダさんは、娘を助けたかった。しかし、
彼女が有望な雇い主に電話して、余計なことをいうのではないかと心配をしました。
 she was worried that if she made calls to potential employers she would say something wrong.
 (この意味がよくわかりませんでした。)
 

 リンダさんは、道路の脇にボードを持って立つというアイデアを思いつきました。そのボードには、少なくとも1時間15ドルで娘を雇って欲しいと提案しました。これは、破格の値段です。この地域では、26ドルが相場です。

反応は上々ですが、履歴を受け取るドライバー自身も仕事を探しています。

 仕事探しエキスパートの人は次のように述べています。
雇い主の気を引くような創造的な方法が見つかったとしても、500ドルを使ったり、ビルボードに自分の氏名を表示させるようなことをしてはいけません。
それよりも協会やミーティングに出席して、あなた自身を印象づけなさい。また、インターネットを使って就職できるケースもあります。

結局失敗しても、チョコバーに履歴書を巻き付けておけばよいのです。

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: 海外のニュース記事 パーマリンク