赤ワイン錠剤は大きな病気を治す、1日100杯飲むくらいの量に値する錠剤があれば、海外ニュース

赤ワイン錠剤は大きな病気を治す、1日100杯飲むくらいの量に値する錠剤があれば
‘Red wine pill’ like drinking 100 glasses a day, could cure major diseases
http://www.foxnews.com/health/2013/03/08/could-red-wine-pill-cure-major-diseases/

赤ワインがガンを治すという良いニュースがあります。悪いニュースは1日100杯飲む必要があります。

デビッド・シンクレアーさんは、そのようなことを要求しないながら、彼の成果は、結局のところ、赤ワインは健康によいということを示しました。
そして、計画通りに行けば、赤ワイン錠剤が役立つでしょう。

オーストラリアの生物学者は述べました。ジャーナルサイエンスに掲載された国際的な研究では、レスベラトロルかどうかはわからないが、ワインに含まれる自然の物質が、がんとアルツハイマーと2種類の病気に効能があるという論争に決着をつけました。

10年前、科学者は、レスベラトロルが、加齢による病気を倒すためにサーチュインタンパク質を活性化するのを発見しました。
しかし、その主張は、論争になっており、フルオロフォアと知られる蛍光化学物質が含まれていたときにだけ反応することが観察されました。

なお、新しい研究では、アメリカ人とポルトガル人を含む研究者たちが、人工的な化学物質を含まない状態で、望むべき効果があったことを示しました。

シンクレアさんは、ハーバードとNSWとの間で研究を共有しており、人体に自然に存在する脂肪アミノ酸と似ているフルオロフォアだと言いました。

私たちは、レスベラトロルがほんとにアンチエイジング酸を活性化すると考えています。
ラジカルを取り除くよりもエレガントで興奮します。
それは、加齢と病気から守るために、私たちの体の遺伝的防御を活性化させます。いくかの抗酸化作用よりも効果的です。

赤ワインは、その抗生物質の低い濃度しか含んでいません。
But Sinclair said synthetic drugs that work the same way but with 100 times the potency could be available in five years.
同様の効果を得るには、100倍にして、5年間でようやく効き目があらわれることでしょう。

研究成果は小さく、まだ成功とはいえません。薬は、人間にとって役立つものとなります。
ワイン1、2杯では、大きな病気を治すことはできません。十分な効果を得られませんよ。
と博士は話しました。

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: 海外のニュース記事 パーマリンク