海外からみた地震後の福島、日本は次の大きな地震を心配している

海外からみた地震後の福島、日本は次の大きな地震を心配している

これは、TIMEの記事の和訳です。間違っているかもしれません。
誤訳があったらツイッターにこうじゃないかなとか記載してもらえるとうれしいです。

Two Years After Fukushima, Japan Worries About the Next Big Quake
2年後の福島、日本は、次の大きな地震を心配している
http://world.time.com/2013/03/10/two-years-after-fukushima-japan-worries-about-the-next-big-quake/#ixzz2N9IBf4nK

大きな地震が東京を襲えば、その社会的影響は、はかりしれないだろうと専門家は警告しています。

2012年2月、権威ある東京大学地震研究所は2016年までに、マグニチュード7以上または日本の首都を襲う大きな地震が起こる確率は70%あると報告しました。

1万1千人が死に、100兆円になる($1 trillion)三番目に大きな経済損失があると科学者は述べています。
地震予測は困難です。他の自然災害、たとえばハリケーンを予測するよりも信頼できません。7人の優秀なイタリアの科学者たちは、昨年10月に、2009年にアクイラで大きな地震があると予測して、有罪判決となりました。

しかし、東京では、地震の議論を止めませんでした。2年後、マグニチュード9の地震とその影響による津波が日本の北東部を襲いました。国の災害対応専門家は、自分たちの足下の地面について今まで以上に神経質になっています。有名な日本の地震学者イシバシカツヒコさんは、数年間警報を鳴らしています。1976年の彼の研究では、100年から150年の周期で、東京の南西側で地震が起こるという予測を発表しました。
東海地震と呼ばれ、これらの震動は、2つのプレートが地殻変動によって集結したことによる結果発生します。

石橋さんは次のように述べました。
東京の真下では、3つのプレートがあり、1923以降に東京近辺では大きな地震が発生していません。そして、かなり大きな地震がこの地方に高い確率で発生する可能性があります。それは、2年前の地震よりも大きな地震です。壊滅的です。

東京都は2012年8月に、警戒を強めました。最悪のケースとして、マグニチュード9.1クラスの地震が発生し、34mの津波が東京湾沿岸に押し寄せ、323,000人が死亡すると予測しました。

世界で発生する地震の20パーセントが日本で発生しており、おそらく日本ほど対策準備を進めている国はありません。東京の学校には、地震計が設置されて、過去5年間のデータが集約されています。

2011年の大震災から、安全基準だけが増加しました。
新幹線システムは、将来、災害発生した場合に備えて、早く停止できるシステムを開発しています。また、丸の内では、災害管理施設を計画中です。災害時の医療施設や宿泊施設として運営できるように。

district 地域
大手の開発デベロッパーである三菱地所は、大きな地震でも絶えることができる建物に自信を持っています。
新しい構造ビルは、国の厳しい基準に合うようにまたは超えるように設計されます。古いビルは、新しい基準でビルの強度を増強されます。

非常発電機は、ビルの地下室に、一時的な鉄の壁と自動表札を含めて洪水計測と共に、設置されています。
東京湾から離れた位置にいます。この位置に水が押し寄せることはないでしょう。と管理者は述べました。

東京都は、洪水に関して大きな問題ではないと考えています。我々の予測では、東京都に押し寄せる津波の高さは、高くても2.6メートル程度です。防波堤の高さは、3.5メートルあり、津波を防ぐことができます。

どんなに準備をしている街であっても、予測しないことが発生します。

都の関係機関と建設業者は、2011年の3月の地震発生後、東京湾の防波堤46カ所と洪水防止ゲート44カ所のうち6カ所についてうまく動作しませんでした。
都の関係者は、電話回線が混雑し、交通渋滞が原因だとしました。当局は、洪水は、台風を想定しており、津波については考えていなかったからだと説明しました。

(原文は未だ続きますが、ここまでにします。)

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: 海外のニュース記事 パーマリンク