退職後の生活のための貯蓄をあきらめてしまったのか? 海外ニュース

退職後の生活のための貯蓄をあきらめてしまったのか? 海外ニュース
http://business.time.com/2013/03/07/have-americans-given-up-on-saving-for-retirement/

景気後退により、引退を意識したアメリカ人は、無駄な行為だと感じている。する価値が無いと思っている。

conclusion:結論、決定
investment return:投資収益率
put away:ものをしまう、お金を蓄える、捨てる、食べる
 あるファイナンシャルの報告書によれば、退職予備軍の人たちの60%は、どんなに退職後の貯金をしても医療費で使い果たしてしまうと思っています。
 また、39%の人は、彼らがお金を蓄えるために管理できる退職後の収入では、投資利益率は十分には高くないと信じています。

どんなときでもいらいらしている人の58%が退職後の計画はありません。40%が年金等の制度について知らず、20%が社会保障制度を利用するとしています。半分以上が誰かのアドバイスを信用していません。
私たちはタオルを投げてしまっているように思えます。
理解することは難しいことではありません。

2008年頃に比べれば、徐々に株価も上昇しています。
健康医療に関する費用が高くなり、退職後の貯蓄が無駄なものだという感覚を持つ人が増えています。
二人に一人が、退職後に、健康プランを持つのは遅いと考えています。
4人に一人が、健康保険が保証されれば早く退職したいと考えているそうです。

経済は、復活の途中です。住宅の価値が上がり、株価も上昇すれば、心配事も減るでしょう。希望持っていきましょう。あきらめることが答えではありません。

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: 海外のニュース記事 タグ: , パーマリンク