アスピリンで皮膚ガンを食い止める?

アスピリンで皮膚ガンを食い止める?

Can Aspirin Keep Skin Cancer At Bay?
http://healthland.time.com/2013/03/11/can-aspirin-keep-skin-cancer-at-bay/
cumulative:増加

最新の研究で一般によく知られた痛み止めが黒色腫メラノーマ(皮膚にできる腫瘍)を抑制することができるそうです。
この種の規模の大きな調査では、アスピリンを常時摂取した女性は、メラノーマが増殖するリスクを下げる効果があったそうです。また、メラノーマの増殖を抑制できるというのです。アスピリンを長く摂取することで、リスクも低かったそうです。

2009年のアメリカでは、皮膚ガンの診断に、6万1千人以上の人々が診療に訪れました。服装や日焼け止めにより太陽光から皮膚を守ることが必要になっています。皮膚ガンの診断数が、年々増加の傾向にあります。

the women who reported taking aspirin at least twice a week showed a 21% lower risk of melanoma than the women who didn’t take the pain killer.
最新の研究で、アスピリンを摂取した女性とそうでない女性では、メラノーマのリスクが21%も違うことがわかりました。
そして、アスピリンを飲み続けるほど、リスクが低減したというのです。

アスピリンとガンとの関係

解明するには免疫システムと関係があり、ストレス、刺激、外部からの細菌、バクテリア、ビールスなどと関連づける必要があります
アスピリンは、痛み炎症を抑える働きがあり、異常な成長をしようとする細胞の誘発課程を抑制します。

 この研究は、当初、アスピリンがメラノーマを発症するリスクを低くする効果について関係することを知ることが優先ではなく、アスピリン利用者による明確なデータを知ることにありました。

 他の研究では、アスピリンは他のガンのリスクを低くすると知られていました。理由は同じで、炎症を抑制して、ガンを防ぐというものです。
昨年出版された研究では、アスピリンとイブプロフェンのような痛みを和らげる薬、非ステロイド炎症緩和薬(nonsteroidal anti-inflammatory drugs (NSAIDs))が、肺がん、前立腺ガンのリスクを46%抑制するというものでした。しかし、最近の研究では、アスピリン以外にメラノーマに対する効果は見つかりませんでした。
 研究結果は、ガン予防に対して期待させるものであり、アスピリンが、広く効果的で価格も安いということを裏付けています。
しかし、現時点では、アスピリンがメラノーマに対して効果があるという部分しかわかっていません。

8人の研究者のうち4人は、アスピリンの効果を認め、残りは認めていません。
アスピリンと皮膚ガンとの関係は、すべてのデータがそろうまで、太陽の下では日焼け止めをして日焼けを避けるようにして、皮膚ガンのリスクを避けた方が良いと述べています。

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: 海外のニュース記事 パーマリンク