早くリタイヤしたいですか? 海外記事

早くリタイヤしたいですか? 

Retire before 40? Some folks say it can be done
(文章が長かったので、途中まで訳しました。)

ほとんどの人が早く退職したいと考えていますが、それは、55歳くらいでしょう。しかし、ジョーソン・フィーバー氏は、そんなに待てませんでした。

すべての物事において、フィーバー氏にとって一つのゴールでしかありません。
彼は、フロリダ州のサラソタで、車の販売代理店の30代のサービスアドバイザーをしています。彼は、所得税のない州へ引っ越しました。
この地域は、陽気な気候で、車無しでもバスで快適に移動できます。
フィーバー氏は、節約を心がけ、年収50,000ドル(約500百万円)、60%を貯金し、3年間で、100,000ドル以上(約一千万円)を貯金しました。 彼は、35歳までに、4千万円をためる予定です。彼は、年間150万円しか使いません。
彼のゴールは、労働階級から投資階級になることです。お金は、私よりももっと働いてくれます。

早期リタイヤが、質素に暮らすというわけではありません。多くの早期リタイヤが抱える真実はつぎのポイントがあります。

1.巣にある卵を計算しましょう。
 第一に、正しい判断をする労働者は、若いときに大きなチャンスをつかむので、アルバートアインシュタインがかつて宇宙の偉大な力と呼ぶような大きな利益を上げられるでしょう。
 50代で10万ドルを貯めるよりも、質素で若い労働者が10万ドルを貯めた方がより価値があります。
退職後のために貯蓄を始める一方で、高いケーブルテレビや豪華なスマートホンを契約する人もいますが、リタイヤを早めます。
 
2.優先事項を決める

3.多角的な低コストの株の目録をまとめましょう

(長いのでここまで。)

詳細、原文は、こちらでお読みください。
Retire before 40? Some folks say it can be done

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: 海外のニュース記事 パーマリンク