男性と女性のどちらが、家にいるべきか?海外ニュース

男性と女性のどちらが、家にいるべきか?

以下は、翻訳、意訳、要約となっています。必ずしも的確に訳していない箇所があります。原文をお確かめください。

女性の社会進出に伴って、家庭環境も変わりつつあります。もちろんそうでない場合もありますがOr lack thereof.。

男性は、女性のために外で働くという一般的な風潮があります。家庭の中にも戦場といえることがあり、男性が受け止める必要があります。

1965年に比べて、男性はより家庭的になりましたが、それでも女性は男性にくらべて、2倍以上も家事をこなしています。

変化したことは、男性の考え方がシフトしたことです。彼らは、子供を持つ母親が外で働くことについて理解を示すようにもなりました。

“In 2009, 54% of fathers with children under age 17 said the ideal situation for young children was to have a mother who did not work at all outside the home,”
2009年では、17歳以下の子供を持つ父親の54%は、子供の理想的環境は、母親が家にいることだと話していますが、今日では、37%に下落しました。

The number of households who can survive on the income of only one of the two potential breadwinners has dwindled since the recent recession.
二人で稼ぐことが可能であるけれど、そのうちの一人が稼ぐ収入によって、家族を養える世帯数が、近年減少しています。
(父親だけの収入で家族を養える収入が得られていない。)

母親よりも父親は、子供と過ごす時間が無いと心配しています。

Who Does More at Home: Men or Women?
Read more:
http://healthland.time.com/2013/03/19/who-does-more-at-home-men-or-women/#ixzz2OsgW62Mx

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: 海外のニュース記事 タグ: パーマリンク