年をとると、人生の問題を抱えて睡眠不足になりますか?

年をとると、人生の問題を抱えて睡眠不足になりますか?
Do Life Problems Lead to Poor Sleep in Old Age? 2010年3月9日記事

睡眠は、年をとるにつれ無駄にできないほど重要なものとなります。研究者は、多くの年寄りに関する中国の研究を認めました。

中国に住む100歳以上の人の70%が、65歳から79歳の中年よりもよく眠れているという報告がありました。
19%が80歳代、38%が90歳代ということでした。

睡眠問題は、年齢的な問題よりも精神的多様性と構成によるという議論を指示する点を裏付けています。

他の可能性としては、年をとると我慢の認識が変わってくることもあります。

睡眠の質は、年をとるにつれて減少することはありませんが、よく眠れる傾向がありました。
男性42%が女性よりもよく眠れるという報告がありました。

教育、結婚、同居する子供の数では、睡眠とは関係がありませんでした。
しかし、配偶者や家族とともに生活している人は、一人で生活している人よりも、睡眠の質が上がる可能性が11%よくなるという報告がありました。

老人ホームでは、22%も睡眠の質が減少するそうです。

矛盾していますが、たばこを吸う人やアルコールを飲む人のほうが、睡眠の質があがるという研究報告もあります。

なお、健康がよくない人は、睡眠との関係性について考慮されていません。そして、健康がよくない人は睡眠不足(6時間以下)か取り過ぎだ(10時間)という傾向があります。

最後に研究者は、警告しています。
この研究報告は一般的な世代について述べられているわけではありません。そして、取得したデータもある特定のデータにかぎられています。

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: 海外のニュース記事 タグ: , パーマリンク