次の飛行機に乗る前に、知っておくべき6つの項目、過剰な心配をする人に対するアドバイス

次の飛行機に乗る前に、知っておくべき6つの項目、たいしたことは無かった内容
What you should know before your next flight
http://travel.cnn.com/things-you-should-know-your-next-flight-621061

よんだ感想:
あまりたいした内容ではありません。何回も飛行機に乗っている人であれば、なんとなくわかることです。
過剰な心配をする人に対するアドバイスです。

1.トイレ
飛行機のトイレは、ドアのロックを解錠できて、外側から開きます。みんな知っていることですが、トイレにいて、でようとしてドアを引っ張らないように気をつけましょう。

2.座席のライト
 飛行機内が暗くても、目が慣れているようであれば、ライトは消しておきましょう。
 緊急時にライトが消えても見えるように。

3.ブランケット、まくら、雑誌
ブランケットや枕がラッピングされていないなら使うべきではありません。知らない人が使っていろいろな残留物が付着しているからです。雑誌もみんなで見るわけですから、当然、、。

4.飛行中にドアが開くこと
 3万フィートの上空で、緊急ドアが開くことを想像したことがありますか?
 でも安心してください。緊急ドアを飛行中に一人の人間が開けることはできないでしょう。
 試しても簡単には、開かないはずです。ドアは、飛行中に簡単に開かない構造で作られています。

5.操縦席を見学
操縦席を減額するのは9月11以降禁止されていると考えるかもしれませんが、そうではありません。

6.緊急時にあなたに知らせないこともある
私たちにできないことがでてくれば、私たちは、確実にあなたに知らせません。
と旅客機の客室乗務員は、話します。

The last thing we need before we die is a riot
私たちが死ぬ前に必要なことは暴動くらいのものです。

CNNの記者が、アドバイスをくれました。
離着陸後は、靴下やクツを脱ぐな。
もし、離着陸後に飛行機から脱出しなければならないときに、破片や燃えさかった状況の中では、靴下だけでは、走ることはできない。

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: 海外のニュース記事 タグ: パーマリンク