ウォーキングとランニングは健康に良い、海外ニュース

ウォーキングとランニングは健康に良い、海外ニュース

エクササイズの鎖に縛られそうだと感じるウォーカーは少しだけ頭を高くできるでしょう。ウォーキングはランニングと同様に心臓病のリスクを低減できます。

研究者によると、ランナーとウォーカーの集団を6年間にわたり調査した結果、ランニングによって、高血圧が4.2%減少したことがわかり、コレステロールも12.1%減少しました。
ウォーキングについても同様で、高血圧を7.2%減少、コレステロールも7%減少しました。

また、ランニングは、4.2%心臓病のリスクを低減しています。ウォーキングの集団の9.3%の人に比べてですが。少数の心臓病患者が、ランニングやウォーキングをしたからと行って同様の効果が得られるかは不明です。

Walking and running may offer similar health benefits

Read more: http://www.foxnews.com/health/2013/04/04/walking-and-running-may-offer-similar-heath-benefits/#ixzz2Pf76o9rU

40代、50代を中心として、ランニングやウオーキングをする人を対象にして調査しました。
時間よりも距離を優先して比較したものです。計測する基準をMETと呼びます。

ウオーキングで時速2マイルを 2METs,時速3マイルを3.3METs,ランニング時速8マイルを13.5METsと呼びます。
6METsを超えると激しい運動と言うことになります。

(途中)
determine:特定する
ランニングとウォーキングがどのようにして、心臓に影響を与えるのかを特定するのは、研究者は、各患者のエネルギー消費と高血圧症とコレステロールと新病病について診断する必要があります。
someone who walked at a moderate pace enjoyed the same reductions in risk as someone who ran at a vigorous pace, provided they both covered the same distance.

適度なペースで歩く人は、激しいペースで走る人よりもリスクが減少します。同じ距離であっても。
ウォーキングとランニングは、心臓に役立つことを比較するとぴったりと似ている。
どちらも同じ筋肉の部分を使用しています。しかし、違う効果を現します。

ある研究者は、運動する量が重要だと話しています。
運動しないでいると、心臓病のリスクが増加します。
少なくとも、毎日30分、週5日の運動と、毎日20分、週3日激しい運動が好ましいとしています。

今日のチラシ

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: 海外のニュース記事 タグ: , パーマリンク