パットンオズワルドが想像するスターウォーズのポスター|ストーカーの危険度を判定するチェックリストで未然にストーカー犯罪を防止できるか?

 
 
 

パットンオズワルドが想像するスターウォーズのポスター

 
 Patton Oswalt’s Epic ‘Star Wars’ Pitch Gets a Poster
 http://movies.yahoo.com/blogs/movie-talk/patton-oswalt-epic-star-wars-pitch-gets-poster-210525690.html
 ジェイジェイエイブラムス、ここにプレゼン資料があります。

ほとんどの方は、パットンオズワルトの情熱的ではあるものの、彼が考えたスターウォーズシリーズのよくわからない未来のアウトラインを見たことでしょう。
とてもギーク、オタク向けな内容です。スターウォーズファンがよろこんだでしょうか?

オズワルトは想像しました。
スターウォーズエピソードセブンはルークスカイウォーカーとハン・ソロの冒険だけでなくマーベルのコミックやその他のヒーローたちが登場するものです。それはとても面白い試みです。

ハリウッドはどこに向かうのでしょうか?

もし話が実現すれば、ポスターがはられるとPhotoshopの魔法使い達がパットンオズワルトが提唱する世界にポスター。塗り替えます。

次のステップはさまざまなキャラが登場する合成ビデオを作ることでしょう。

オズワルトさんは俳優で脚本家でもあります。

エイブラムス氏は海外ドラマの有名なプロデューサーです。最近ではスタートレックやパーソンオブインタレストでも有名です。

スターウォーズの最新作は、どんな内容でしょうか?とても気になります。

 
 

ストーカーの危険度を判定するチェックリストで未然にストーカー犯罪を防止できるか?

 <ストーカー>警察庁が危険度判定リスト 年度内に全国導入
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130419-00000007-mai-soci
 
 

被害を受けた人が、加害者や自分の内容をチェックし、危険度分析します。女性の被害妄想の可能性もありますし、冤罪として、痴漢の用に、無実の人が逮捕される恐れもあるので慎重にたいしょするひつようがありそうです。

警察が事件として扱うか、カウンセリングを必要とするか判定する材料となります。ストーカーによる被害が増えているそうです。中には別れた恋人や元夫婦だった人も含まれるようです。復縁を迫っているケースもあれば、いやがらせを目的にストーカー行為をする人もいるでしょう。

相手に危害を加えることにならなければ良いのですがストーカーが逆上してしまい、相手に暴力を与えることもあるでしょう。殺人事件のドラマはたいてい、逆上して、相手を殺害します。ストーカーが犯罪になる前に警察に相談し、警察が、未然に加害者予備軍に対して犯罪が起きる前に警告をすることも必要となるでしょう。

また警察に相談したことで、さらにストーカー行為が増長されることも予想され、警察もそういった部分のストーカー真偽について学習、予想が必要です。単に、書類を作るだけで終わらず。そのためにはストーカーの取り調べや性格体格などを事前に知っておく必要があるでしょう。プロレスラーみたいな体格であれば暴力行為が頻繁とか、精神的に不安定なら、何をするかわからないから、警備対象にするとか。

映画でも、似たような状況がありました。
近所の住人と仲良くなるのですが、徐々にうっとおしくなって、誘いを断ると、なりやら人格が変わって、恐い人になってしまいます。

また、恋人が殺人者で、殺害目的で女性とお友達になり、殺害計画を立てるというものもありました。映画の題名やどのようなシチュエーションか明確ではないです。
事実は、小説より奇なりといいますから、怖いです。

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: JAPAN NEWS, 海外のニュース記事 タグ: , パーマリンク