新しい内燃機関エンジンが電動自動車を推進するか

 
 
 

新しい内燃機関エンジンが電動自動車を推進するか   

 内燃機関エンジンはいろいろと発明されています。たとえば、自動車エンジンは、一般的で、シリンダーにピストンがあり、ピストンの上下運動を回転に変えます。プロペラ飛行機では、スター型エンジンというのがあって、シリンダーが放射状に★のように配置されて、順番に、爆発を繰り返して、プロペラに動力を伝えます。
そして、今回のエンジンは、なんと、ピストンが向かい合って直線的に配置されて、圧縮して爆発したエネルギーを相互に直線方向に伝えるものです。文章で説明すると何を言っているのかわからない説明になるので、動画みてもらった方が早いですが、強い力が必要で無い場合の動力発生としてはおもしろい発明です。

以下、和訳。
 New internal combustion engine could boost electric cars
Read more: http://www.foxnews.com/leisure/2013/03/13/new-internal-combustion-engine-could-boost-electric-cars/#ixzz2RQgtgL45

 革命的で新しい内燃機関エンジンは少しも回転しません。
ドイツで開発されたエンジンは、直線的なピストン発電機で、電気自動車に利用される新しいタイプです。
このモーターは二つのピストンで構成され、一つのチャンバーを共有して両側に配置されます。
 従来のクランクシャフトを使用して、回転エネルギーを動力に変える代わりに、この発電機のピストンはバネに接続されて、前後に動くことで、直接電気を発電します。つまり、電磁力を使った発電です。
 
 特筆するには、このデザインは、チャンバーのサイズと圧縮比率を自由に変更できます。
ただし、今の研究段階では、大きすぎます。まず、125ポンドにして、40hpにする必要があります。
いくつかの発電機は、自動車のタイプに合わせて構成されています。

大きな障害は電気自動車が高価であると広がっている認識をひるがえし、重く低容量のバッテリーの能力と技術がカタツムリのようなスペースで用いられるために、改良されているということをアピールすることです。
 提案者は、自動車会社が今の日常生活での用途で満足している時代は、もうまもなく終わると信じています。

 Future generations of plug-in hybrids are expected to feature engines specifically designed to act as range extenders, and the Free Piston Linear Generator is just one idea.

未来の革命的なハイブリッドエンジンは、新しい発明者により未来のエンジンとして期待されています。そして、その直線的なピストン発電機はまさにその一つなのです。

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: 海外のニュース記事 タグ: パーマリンク