国会議員は、靖国参拝したほうがよい |ドラマ、チャーリーシーンのハーパーボーイズTwo And A Half Men 11シーズンは子役は出演しない|ボストンマラソン犯の母も容疑者、テロデータベースに登録

  

ドラマ、チャーリーシーンのハーパーボーイズTwo And A Half Men、2.5Menで、子役は出演しない   

  Ashton Kutcher & Jon Cryer Set For Season 11 Of ’2.5 Men’, Angus T. Jones Won’t Return As Regular, Series Renewal Pending
  http://www.deadline.com/2013/04/ashton-kutcher-jon-cryer-returning-two-and-a-half-men/
  
  CBSのコメディドラマ、チャーリーシーンのハーパーボーイズTwo And A Half Menは、11シーズンを迎えます。子役のアンガスTジョーンズはレギュラーではありません。ゲスト出演はあるかもしれませんが。アシュトンカッチャーとジョンクライヤーは、1年契約が成立し、チャーリーシーンのハーパーボーイズTwo And A Half Menはリニューアルした11シーズンになります。
  (ところで、日本では、チャーリーシーンのハーパーボーイズがアシュトンになったらどうなるのでしょうね。Two And A Half Menという原題に戻るのかな)
  
  アシュトンカッチャーは、一つのエピソードあたり$700,000(約7千万円)の出演料になるそうです。
ジョンの方はちょっと少ないみたいです。

アンガスの決別は驚くことではありません。彼は、大学に行くことが決まっており、前シーズンで終わることがわかっていたからです。今のシーズンでは、彼の出演は時折でした。

CBSのラインナップは、ビッグバンセオリーとパーソンオブインタレスト(シーズン2)です。

  
 

ボストンマラソン犯の母も容疑者、テロデータベースに登録   

 Mother of bomb suspects eyed in radicalizing son; was on terror database

 http://www.foxnews.com/us/2013/04/26/father-boston-bombing-suspects-delays-trip-to-us-over-health-problems-ex-wife/
 
 ボストンマラソン犯の母は容疑者パーソンオブインタレストとして、連邦捜査官により調査対象になっています。捜査官は、誰が彼女の息子たちを急進的にしたか調査しています。
 
 Zubeidat Tsarnaeva 彼女は、伝えれるところによれ、彼女の息子と時を同じくして、イスラム精神に関し、好戦的になっていたそうです。
 amerlan Tsarnaev, 彼の情報は、極秘情報データベースに加えられました。
 アメリカの二人の議員は、当局では、彼女が、1週間前に警官に殺された息子を助けたのか調査しています。
 
 彼女は、息子を急進的に教育したとして容疑者になっています。
 また、他のグループや他のテロとの交渉があるかについても調査対象になっています。
 
 ある議員は、自分の判断として、彼女の影響を受けて、彼女の息子が今回の犯行に及んだと話しました。
 (途中まで)
 
 
 
 

国会議員は、靖国参拝したほうがよい   

 
 <安倍首相>「脅かしに屈せず」 靖国参拝で中韓反発に
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130424-00000081-mai-pol
 
 中国や韓国が閣僚の靖国神社参拝に反発してます。なぜでしょうか?不思議でなりません。他国の参拝にいちいち反発する必要があるのでしょうか。
 
 そもそも、日本のために戦争で命を失った人を敬うのに、中国や韓国が日本に文句を付けるのはおかしい。戦争である以上国のために闘ったのですし、戦争である以上、自国のために闘った兵隊さんは、日本の英雄です。他国にとっては、敵であるとしても。
 中国や韓国は、日本に対して敵対しているだけであり、日本のすることはすべて、敵対行動を起こしています。従軍慰安婦についても、実際は、強制的ではなくて、きちんと高額な報酬が支払われていたと言われています。かりに、強制的に連れてこられた人の中には、誰かにだまされてしまって、きちんと内容を認識せずに、慰安婦として従軍した人もいたのでしょう。その中の何人かが、強制だったとさわぎたてる。もしかすると、演じている人すらいるでしょう。
 中国韓国は、日本に対して反日行動をするよりは、きちんと民主化をして、自由に発言し、自由に他国の文化を受け入れる社会を組み立てるべきです。

 アジアでも中国か韓国しか、日本の靖国参拝について、文句を言っていないそうです。北朝鮮すら、日本に対して、反発していないそうな。無慈悲な文句もないようです。
 アメリカにしても、イランイラク戦争で、根拠のない戦争をしました。それでも、アメリカのために闘った国民のために、政府関係者や議員はお墓を訪れています。その行為に対して、他国が反発したでしょうか。
 
 戦争はいつの時代でも起こりうるものであり、自国の有利になるように他国を攻め自国の利益を優先させるものです。そのため、いつの時代でも尊い命が失われます。戦死をされた方の冥福を祈るためにも、国会議員は全員靖国神社の参拝を義務づける必要があるでしょう。
 
 

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: JAPAN NEWS, 海外のニュース記事 タグ: , パーマリンク