花粉アレルギーと闘う方法(海外の場合)|娘に強制的に妊娠させた母親が逮捕、イギリス

 

花粉アレルギーと闘う方法   

 A 24-Hour Guide to Fighting Allergies
http://abcnews.go.com/Health/24-hour-guide-fighting-allergies/story?id=18997231#.UXqAuYKP5uj

花粉シーズン到来で、あなたは、抗ヒスタミン剤を思い浮かべたでしょう。your first instinct might be to pop an antihistamine.

それも悪くありません。
“If you have allergies, one of the best things you can do is start medications early, even before your symptoms kick in,”
あなたにアレルギー症状があるなら、あなたにできることの一つは、早く、薬を服薬することです。症状が出始める前に。
そして重要なことは、あなたのアレルギーが引き起こされるようなことを避けるようにして、一日のルーチンを調整しましょう。

<朝>
窓を開けずにカーテンを開きましょう
朝の時間帯は、草木の花粉がたくさん飛び交います。窓を開けて花粉が室内に入らないようにします。

家の中では、エアコンをつけましょう。季節の変わり目にはエアコンのフィルターを掃除するのを忘れずに。

また、天気予報をチェックしましょう。花粉が多いのか少ないのか、乾燥するのかしないのか。花粉量が多いときはできるだけ室内にいましょう。

帽子、サングラス、花粉をブロックするものを着用しましょう。

<午後>
ヨーグルトに含まれるカセイ菌がアレルギーの症状を和らげてくれます。
はっきりしたことはわかっていませんが、研究者がその理由を調べています。

また、休憩を取るようにしましょう。ストレスが増えることで、アレルギーの症状が重くなることがあるそうです。

ランニングやウォーキングができるなら、気分転換にお勧めです。でも、アレルギーの症状が重いようならば、室内のジムで運動してください。

<夜>
衣服、クツを脱いで、シャワーを浴びて、花粉を髪の毛や体から洗い落としましょう。

サーモンを食べましょう。ドイツの研究者が、オメガ3脂肪酸が花粉症の症状を緩和してくれるそうです。

毛の長い犬と猫をベッドから追い出しましょう。犬や猫についた花粉であなたが症状を引き起こすことがあります。

寝る前に薬を飲みましょう。抗ヒスタミン剤により、寝やすくしてくれるでしょう。睡眠をとることで、快適に翌日に仕事を始められます。

娘に強制的に妊娠させた母親が逮捕、イギリス   

海外にも恐ろしい人がいます。自分の養子の娘に、子供を受胎させました。
なんとも愛情のない悲しい事件です。

幼児虐待で、虐待を受ける子供は、暴力をふるう親でも、この親を慕うそうです。それが、なんともかわいそうでなりません。

American woman jailed in UK for forcing daughter, 14, to get pregnant

Read more: http://www.foxnews.com/world/2013/04/29/uk-woman-jailed-for-forcing-14-year-old-daughter-to-get-pregnant-with-donor/?test=latestnews#ixzz2RtgDGwWS

アメリカ人女性が娘に強制的に妊娠させた罪でイギリスで逮捕されました。アメリカ人女性は、自分の娘に、他人の精子を使って、強制的に妊娠させました。理由は赤ちゃんが欲しかった。でも、自分が妊娠できず、養子にできなかったからだそうです。

 娘は、14歳で流産し、17歳で母親がインターネットで購入した精子で妊娠しました。このとき彼女はバージンでしたが、母親の強制的な態度にとてもおびえていました。
母親は身元をあかしていません。娘と赤ちゃんのプライバシーを守るためだそうです。
娘は2年間、7回も強制受精を強いられました。母親は、娘が受胎するように、強制的にダイエットやレモンやライムを使い酸性にして膣洗浄をしていました。

16歳で妊娠したとき、娘は健康員に嘘の話をしました。少年と一夜を過ごし、その彼は外国へいったと。
彼女は、母親が子供育てたがっていると話しました。

母親は、すでに、3人の子供を他の国で養子にしていました。二人は結婚したときに、離婚して一人を養子にしたのです。

母親が4人目を養子にしようとするときに問題があり、彼女は狂乱するようになり、養子だった娘に赤ちゃんを妊娠させようとしました。

母親は、5年の刑期を言い渡されました。
母親は、家族、子供たちと隔離されています。

裁判所の公表では、娘は、母親のことを愛しているので、今回の件を許すと話しているそうです。でも、彼女は関わりたくない、母親を拒む勇気が無いとも話しています。

娘には、同じ世代の友達がいません。母親が妊娠するように言われたときショックだったと話しています。

「でも、私が妊娠すれば、母は、私をもっと愛してくれる。」そう思ったそうです。

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: 海外のニュース記事 タグ: , パーマリンク