海外ニュース(翻訳)、オクラホマ州ウォルマートの人質事件の監視カメラの映像を公開|永久にデータを消す簡単な3つの方法|(意見)ヤフーも経営者を変えるべきじゃないかな 

永久にデータを消す簡単な3つの方法 

簡単に説明すれば、1.再フォーマット、初期化、2.個人情報のみ削除、3,ハンマーでたたくかドリルで穴を開けるか、高磁性体の磁石でハードディスクの円盤の磁気を乱してデータ読み取りができないようにする。
です。ここで紹介された内容は一般的な方法に過ぎませんでした。

3 simple ways to delete your data for good

新しいパソコンを購入するのはいつでも興奮します。セットアップし、電源を入れるのが待ち遠しいでしょう。ただ、問題があります。古いパソコンをどうしましょう。

インターネット用として、データ保存するDVR作成として、ストリーミングサーバーとして利用できます。また、中古品として売却したり、誰かに譲ることもできます。

そうしてもよいですが、データがそのままの状態で、売却したり譲ったりしたくないでしょう。誰かがその中のデータを知ることになります。
 残念ながら、慎重に扱うべきファイルをそのままにしておくことはできません。また、完全にファイルを消去できません。上書きされるまでオペレーティングシステムがまさに隠している状態です。誰かが復旧用のソフトを使用すれば、データが復活してしまいます。

仮にあなたの友達、家族がそのようなソフトを知らず、あなたの情報に興味がないとしても、ハッカーやビールスによって情報が知られることになります。

そこで、どのようにして永久にデータを消去できるのでしょうか?私はデータを普及できない3つの方法を知っています。

ポイントをいえば、磁気的ハードディスクは規則的なものであるということです。ハードディスクは新しい構成のドライブとしては動作しません。それらはたいてい内蔵されたプログラムと情報を保持しています。まず、ドライブ製造業者をチェックしましょう。

1.ドライブ(データ)を完全に消去しましょう
 個人情報を破壊する早い方法はドライブのデータを破壊することです。ドライブのフォーマットをすることでデータを破壊することができます。
 これは手作業かOSを再インストールすることです。例えば、Windows8ユーザーは、PCセッティングの一般のすべてのデータを破棄し、ウィンドウを再インストールするを選択します。Windows7ユーザーと前のバージョンの人はマニュアルを参照してください。

フォーマットにより、データが盗まれることを困難にしますが不可能ではありません。大きなハードディスクドライブであれば、あなたの古いデータが記録されている大きな隙間空間が存在します。

一掃処理をするのに、”Darik’s Boot And Nuke”のようなソフトを使うでしょう。このソフトはドライブをフォーマットし、ゴミデータを記載します。この過程は何度も繰り返されます。この方法はCIAと軍の情報を消去するのに用いられます。

当然ながらドライブは空の状態となって、あなたはOSやプログラムをインストールする必要があります。これで、情報はなくなり、いらいらすることはなくなります。

2.気になるデータ、個人情報データだけ消去しましょう
コンピュータを価値があるものとする理由の大半はソフトウェアです。前のステップではそれを消すことを教えました。
 しかし、Windowsやプログラムを残したままで、完全に個人情報を消す方法があります。あなたがコンピュータを処分するつもりがなくともできる方法です。

消去用のソフトウェアは、あなたの削除された情報を何度も上書きしてデータを消去します。しかし、そのソフトはあなたが選んだプログラムを残したままです。(意味不明)。

この方法はあなたの知り合いにパソコンを譲る場合に適用できます。もしなにか失敗をしても大きな被害になりません。
さらに、重要なプログラムを再インストールして保管しておくことができます。

3.ハードディスクを破壊しましょう

誰でも、コンピュータを破壊してしまいたいときがあります。今回そのチャンスです。
ハードディスクドライブが必要でなくなったら、物理的に破壊することがデータを守るための良い方法です。私はまだBoot And Nuke プログラムが最初に起動するようにしています。

何人かの人は電動ドリルを使っています。ベルトサンデーとかハマーなど。私は油圧プレスを使った人を見ました。円盤状の記録媒体は完全にダメージを受け、二度と利用できません。

強力な磁石を記録媒体(ハードディスク)に何回もなぞることで磁性体の配列を乱して壊すことができます。実際に利用しているパソコンからは離れたところで作業してください。

オクラホマ州ウォルマートの人質事件の監視カメラの映像を公開 

Video of Deadly Hostage Standoff in Walmart Released

 ビデオを見るとなんとなく人質を開放するような雰囲気に見え、すぐに犯人逮捕かと思いましたが、あの距離で犯人を射殺するとは。ほんとに間近な距離です。銃を使わずに、取り押さえられそうな距離でもあります。でもそうせずに、射殺でした。
 アメリカでは逮捕が目的ではなくて人質の命が優先されるから、犯人の命はほとんど無視ですね。
 
日本なら、人質よりも犯人の逮捕を優先しそうですが。しかも、ネゴが下手で逮捕も下手だから役に立つのか立たないのか。日本だと人質事件は、母親を呼んでくるか、カツ丼でも食わないかという説得方法が一番あってます。それか、宝くじとか芸能人とあわせるかしたら、喜んで釈放、自首するんじゃないかな。

以下和訳

警察は、オクラホマ州のウオールマートで、母親が使用していたショッピングカートから2歳の幼児を取り上げ、幼児ののどにナイフをあてた男が撮影された監視カメラの映像を公表しました。

監視カメラには6月17日、警官が直射可能な位置から容疑者サミー・ウォーレースを射殺し、けがもなく幼児を母親のもとに取り戻した映像が記録されていました。

この劇的な映像には、37歳のウォーレースが、幼児の母アリシア・キーティングが使っていたショッピングカートにいる幼児を取り上げ、母親が叫び声をあげて娘を返すよう懇願する様子が記録されていました。

キーティングさんの年上の娘もその場に居合わせ、うろたえた母親のそばにいて無事でした。
法的処置では、ストアーに素早く突入し避難させる。警官は犯人と30分以上にわたり交渉し、彼に椅子を勧めました。

彼は手に武器を持っていてナイフを子供に向けていました。

ウォーレースは非協力的で状況が悪化し、彼は奇妙な要求をするようになりました。
 転換点が訪れました。ウォーレースは幼児ののどにナイフを突きつけ、脅かすように60秒のカウントダウンを始めました。

容疑者が人質を殺そうと60秒のカウントダウンをはじめ、彼を射殺できる位置へ移動しました。

状況を改善するために、警官がウォーレースの気をそらし、犯人の右側に移動して、頭に一発発砲しました。

「はっきりと申し上げれば、我々のゴールは彼を説得し、幼児を開放させることでした。残念ながら、私たちは成功しませんでしたが、幼児を無事救うことができました。ハフ警部の行動は英雄的行動で、あの瞬間を待っていました。」

幼児は今回の事件でケガもなく、向かいのストアーで待っていた母親の元に無事返されました。

ヤフーも経営者を変えるべきじゃないかな 

YahooポイントがTポイントになって、ツタヤの勢力が増すことなりました。とうとうポイントサービスまでも他社のサービスを使わなければならなくなったヤフーです。落ちぶれたポータルサイトです。

 ヤフーといえば、インターネットのポータルとして日本のインターネットを支えるサイトです。グーグルとも肩を並べるといっても良いと思います。
しかし、ここ数年のヤフーのサービスは新しいものがありません。まるでマイクロソフトのように他社のまねと後追いばかり。マイクロソフトもまねばかりで、追いつけなくなりました。

一番大きいのはネットショッピングで楽天に負けていることです。楽天の強みは、楽天ポイントです。買い物をするとポイントが付いて、楽天に出品してあるお店であれば、購入したお店かどうかに関わらず、楽天で出品しているお店や楽天ブックで商品、書籍等をそのポイントで購入できます。

しかも、楽天アフィリエイトというサービスも展開していて、楽天ショップのお店の商品を紹介し、その商品をクリックして楽天ショップの商品を購入すると、購入者だけでなく、楽天アフィリエイトで商品を掲載したブログ(いわゆる管理者)にそのポイントが付加されます。
 これが楽天にとって非常に強みです。ブログでもホームページでもどこでも楽天アフィリエイトで商品を掲載できます。
 ヤフーも似たようなアフィリエイトサービスがありますが、非常に使いにくくて、誰も使わないのではないでしょうか。
 
 また、インターネット共有サービスでもドロップボックスが優位であり、後追いのヤフーボックスは使いにくくて使う気もおきません。古い考えと使い方をすて、新しい使い方を模索研究すべきです。
 
 インターネットポータルの位置にあるヤフーであり、訪問者の数はおそらくグーグル、ユーチューブ、アマゾン等と並ぶ数になるでしょう。
 もっと便利なサービスを展開してもらいたいと思います。そのためには、もっと経営者がいろいろなことを考え、指示すべきでしょう。いまの経営方針にはインパクトのあるものがないと思います。
 単に新聞社やテレビの記事をそのまま載せているだけのポータルでは、何の優位性もありません。新聞社やテレビのサイトへ行けば良いからです。インターネットはスピードが勝負の世界なのに、ヤフーは後追いです。
 ヤフーがのんびりしているのは安定した広告収入があるからなのでしょうけど、広告収入だけに頼っていたら、そのうち景気が悪くなって売り上げ、利益も減少するのは目に見えています。そのようなわかりきった経営戦略なら誰にでもできるでしょう。
 
 私は株主(3株だけの)なので、もっとヤフーは利益を追求できる企業なので、がんばって欲しいところです。

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: 海外のニュース記事 タグ: パーマリンク