海外ニュース(翻訳)、イギリスのスコットランドヤード、6年前に誘拐された幼児の調査を再開

イギリスのスコットランドヤード、6年前に誘拐された幼児の調査を再開

幼児の誘拐や行方不明は、結果がどうあれ、あきらめずにずっと調査を進めてもらいたいものです。
誘拐された本人に誘拐された記憶が薄れていても、親は忘れずに探し続けています。なにか情報で誘拐された幼児の行方のきっかけとなることがあるでしょう。
Madeleine McCann May Still Be Alive, Scotland Yard Concludes

イギリス警察は6年前に失踪した小さなマデライン・マッキャンちゃんの調査を開始し、彼女が生きていると信じています。

スコットランドヤードは重要な容疑者の取り調べをした後で、新しい調査を始めました。マデライン・マッキャンちゃんがいなくなったのは2007年ポルトガル、彼女が3歳の時で、彼女の両親が友人と一緒に近所のレストランで食事をしているときでした。彼女の失踪により、国際的な追跡のきっかけとなるはずでしたが、2008年7月にポルトガル警察は調査を棚上げしました。

イギリスの刑事は新しい証拠と目撃情報を集め新しい調査を開始しました。彼らはマデライン・マッキャンちゃんがまだ生存していると信じています。

マデライン・マッキャンちゃんの両親のケートさんとゲリーさんは新しい調査が始まったことは大きな一歩であると話しました。

ヨーロッパの国に38人の容疑者がいることをスコットランドヤードが確認しています。そのうちの12人はマデライン・マッキャンちゃんがいなくなったときにポルトガルにいたイギリス人でした。しかしすべてがイギリスに住んでいるわけではありません。

刑事はマデライン・マッキャンちゃんの失踪に関係あるとにかかわらず調査を進める予定です。マッキャンの両親の友人のすべてが38人の中に含まれているわけではありません。

マデライン・マッキャンちゃんの両親は暖かく調査に協力してくれました。何が起こっても前に進む大きな一歩であり、正義のために誘拐事件を解決する責任があります。

事件の調査の間、イギリス警察はポルトガルの調査、UKの法律関係官庁、特別調査からの資料を確認しました。刑事主任のアンディ・レッドウッドさんはこの事件を解決するための特別な役割であると話しました。

新たな視点でこの事件を調査する可能性を与えられました。我々は新しい調査によって事件の解決の糸口をつかみます(意訳)
ポルトガルの警察は2008年に調査を中止しました。イギリス警察は新しい調査によって再出発をしました。

マデラインちゃんの両親は彼女の10歳の誕生日5月12日に印をつけました。

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: 海外のニュース記事 タグ: , パーマリンク