(2)アイフォンアプリ開発、リジェクト後の対応:再申請、今度は通過するか、iTunesConnectにログインして、アプリを選択してReady to upload binary をクリック

(2)アイフォンアプリ、リジェクト対応:再申請、今度は通過するか

前回(1)のリジェクト直後、ソフト改修の記事

 前回、Retina対応iPadと非Retinaの表示において、正常に表示されていないとリジェクトされました。ソースコードを確認し、判別チェック項目を追加しました。
 この申請で大丈夫でしょうか?まず結果を待つことにします。
 すべてのアイフォン、iPad機種を保有するのは、経済的に難しいのでシミュレータが頼りです。
 また、アップルのリジェクトの理由とテスト項目が詳細に提示されていません。例えば、アイフォン4ではOKで、アイフォン5はだめ、iPadMINIはだめで、iPadレティナはOKみたいに細かく不具合を示してくれれば良いのですが、「アイフォン5とiPadで確認したよ、だめなところがあります」程度なので、両方で不具合なのか、片方で不具合なのかが不明です。
 
 

7月18日、再申請しました。

 iTunesConnectにログインして、アプリを選択してReady to upload binary をクリック。
 つぎに、エディットスキームでDictributionを選択して(ここは各自設定が異なると思います)、オーガナイザを開き、該当アプリを選択して、Validate、Distributeをそれぞれクリックします。
 アップロードが始まります。
 
 

・経緯

 7月10日 申請
 7月17日 リジェクト
 

 7月18日 再申請(いまここ)

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: iPhoneアプリ申請、リジェクト、リリース タグ: , , パーマリンク