海外ニュース(翻訳)、アシアナ航空便に搭乗した83人はボーイング社を告訴

アシアナ航空便に搭乗した83人はボーイング社を告訴 

 航空機製造会社を訴えたとして、他の同型機が事故を起こしていないので、裁判に勝てるのか非常に疑問です。素人でもわかることなのに、法律の専門家はなぜ、裁判を起こすのか?同型機が他にも多くの事故を起こしていれば、勝てると思いますが、どうなのか?
 法律事務所は名前を売っておきたいのでしょうかね。
 
 
83 Asiana plane crash survivors to sue Boeing, airline

Read more:

シカゴの法律事務所は、航空機製造会社ボーイング社を告訴する手続きに入ったと発表しました。今月初めにサンフランシスコ空港に不時着したアシアナ航空便に搭乗した83人の依頼により、ボーイング777型機の自動スロットの構造的欠陥により、今回の事故が発生したというのが理由です。
リベックは月曜日、ボーイング社の本社のあるシカゴのクック郡裁判所に、情報開示手続きの申し立てをしました。
 追加の申立書には、アシアナ航空といくつかの構成部品会社についても近いうちに告訴する予定とのことです。リベックは、自動スロットに関係する問題の可能性と、緊急スライドが飛行機の内側に開き乗客が負傷し脱出が妨げられたこと、そして何人かの乗客はナイフでシートベルトを切断する必要があったことを指摘しました。

3人が死亡し、307人の乗客とクルーを乗せ、韓国からサンフランシスコへ向かって飛び立った飛行機は、着陸のときに、高度が低く、速度も遅く不時着しました。滑走路の橋の壁に引っかけ、後尾がはがれ、滑走路をスピンしました。その衝撃で出火しました。

「私たちは、事故の原因と航空会社と航空機の問題が未来の事故を避け、解決することを要求します。」
弁護士、モニカRケリーさんは話します。

ボーイング社からはコメントがありませんでした。

申立書には、判事に対して、ボーイング社にデザイナーと自動スロットの製造業者と緊急脱出スライドの製造業者を特定する資料の提供が含まれています。航空機の滑空スロープと地面に接近したときの警告システムの情報も含みます。ケリー氏は、破壊的な試験行為から残骸を守りたいと考えます。メンテナンス記録、国際的な報告書や証拠を得たいと考えます。と話します。

アシアナ航空214便のパイロットは、調査員に、彼らがスピードをコントロールしようとしてコックピットの設備を信頼していたと話しました。
調査員は、自動スロットが設定された状態であるのを発見、または設定済みであるのを発見しました。しかし、調査員はそれが明確に機能していたのか現在調査中です。
 8つのスライドのうちの2つは機能不全で、機内の内側に開き、二人の係員の腹に傷を負わせました(意訳)。

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: 海外のニュース記事 タグ: パーマリンク