海外、国内ニュース、(国内)マンガ「拳児」(李氏八極拳を題材とした少年マンガ)の原作者、松田隆智氏が死去、|(海外)97歳のデジタル画家はWindows95のマイクロソフトペイントで作品を描き上げる

中国武術研究の第一人者・松田隆智氏が死去、マンガ「拳児」(李氏八極拳を題材とした少年マンガ)の原作者 

 マンガ拳児は、主人公がおじいちゃんから中国憲法八極拳を習うことで、武術の道へ進み、その後、行方不明となったおじいちゃんを探すために中国を旅しながら、拳法の腕を上げていくストーリーでした。最後の方は、無理矢理終わらせた感じでちょっと残念でした。
 マンガの中で、伝説の拳法の八極拳の達人、李書文の話は誇張されているとはいえ面白い話でした。また、日本の合気道のお話もあり、興味を持って読んでいました。

 マイナーな拳法である八極拳が有名となった理由はこの拳児のマンガでした。当時はおそらく中国拳法と言えば、映画にもなった少林寺拳法だと思うので、その少林寺とは違う拳法を原作にするのにサンデー編集部の抵抗があったのではないでしょうか。実際のところどうなのでしょう。
 このころに、バーチャファイターとかのゲームがはやっていたと思います。

訃報:中国武術研究の第一人者・松田隆智氏が死去
「7月24日(水)7時39分、急性心筋梗塞のため死去した。享年75歳。」
「1982年公開の映画「刑事物語」で武田鉄矢に蟷螂拳(とうろうけん)を指導したことでも知られる。書籍では多くの中国拳法の技術書を著し、またコミックでは中国拳法漫画「拳児」を原作した。」

97歳のデジタル画家はWindows95のマイクロソフトの標準ツール、ペイントで作品を描き上げる 

97-year-old ‘pixel painter’ creates digital masterpiece on Windows 95

画像
おじいさんの作品hallaskocom

 第2次大戦を経験した97歳のオハイオの退役軍人は、芸術的作品を作り上げるのに違った方法を使います。
ハル・ラスコさんは、Windows95のマイクロソフトペイントを使って、芸術的作品を描いていきます。

ラスコさんは、医学的に目が不自由で、第2次大戦の時は、図面を描いたり、爆弾投下の地図を描き、その後、タイポグラフィーの職歴を持ちます。1970年に引退し、家族は、彼にマイクロソフトペイントを教え、芸術家がデジタル芸術を教えました。

1世紀の年齢になるおじいさんはディスプレイに芸術作品を描き上げ、hal lasko.com ネット販売もしています。
(作品は、抽象的なものもありますが、柔らかいイメージを持つものがほとんどです。)

ジョシュ・ボードンは、このデジタル画家の記録映像として、彼の80代の新しいキャリアを見つけた物語を記録しました。
このデジタル画家は、 彼の80代の新しいキャリアを見つけた物語を記録したジョシュ・ボードンの目にとまりました。

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: JAPAN NEWS, 海外のニュース記事 タグ: パーマリンク