海外ニュース(翻訳)、マイケルJフォックスがテレビシリーズに出演する

テレビシリーズに出演するマイケルJフォックス 

Michael J. Fox on Returning to TV Full-Time: “I Just Thought: Why Can’t I?”

13年ぶりにテレビシリーズに出演するマイケルJフォックス。でも、マイケルJフォックスショーという小さなスクリーンに出演するのに決断する時間はかからなかったと話します。

「なぜ私にできないと思うのかと思った。できない理由なんてない。」彼はそう話しました。
フォックスは、ご存じの通り、パーキンソン病と診断されて、2000年のスピンシティを降板しました。セミリタイヤして数年後、エミー賞受賞の俳優は、グッドワイフ等に(The Good Wife, Curb Your Enthusiasm and Rescue Me, )何度か出演しました。彼は2009年にエミー賞を受賞しました。

テレビの全22話に出演できたことが自信となり良い経験となったと話しました。
「私がすべきことはこれだと思いました。」

「私は形成されて、調整されていくこと、それが私のしたいことです。(意味不明)」

マイケルJフォックスショーのいくつかのエピソードの新人シーズンに関して、フォックスはエグゼクティブプロデューサーになり、ここまではいいとして、
「私は、筋肉を鍛え、毎日、毎週快適に過ごせるようにスケジュールを調整しました。私はとても幸せです。」

9月26日木曜日に、NBCシットコムで封切られます。フォックスは、人気のあるテレビのパーソナリティを演じます。彼の家族とパーキンソン病の治療により数年間後のことです。彼は、病気に関して不安はないと話します。

「これは私の経験による効果です。」
「私の人生は、パーキンソン病となって、時々イライラすることもありますし、楽しい気分になることもあります。そんな風に見ることです。」

30分のコメディでは、感性豊かな内容が見受けられます。パイロット版では、フォックスの体調に焦点を当てたものがありました。
「直感だ」
議論の場でそう話しました。パーキンソン病をおもしろくしました。
「私がすることをそのまま演じるんだ、そうしようと思うんだ(意訳)」
「もし、誰かが抗議する(怒る)なら、怒ればいい。私は理不尽だと思いません。」
(動詞はほぼ、be outragedが使用されていて、訳すときに言葉を換えました。)

エグゼクティブプロデューサーのウィル・グラックは、
「私たちは、この番組について驚くほどに(視聴者にうけるよう)計算していません。」

この番組でパーキンソン病を持つ男性が出演しているにかかわらず、出演者やクルーは、彼の体調が番組で注目を集めると思っていません。

「出演していますが、いつも注目が集まることはないでしょう。(意訳)」
「私たちはマイケルJフォックスを尊敬し、彼は、家族と子供から遠ざかっています。他の家族が関係するようなことよりももっと面白いものです。パーキンソン病をどうにかすると言うことはありません。」

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: 海外のニュース記事 タグ: パーマリンク