海外ニュース(翻訳)、映画ロボコップの中にデトロイトの未来が見える|犬のためのサービスを備えた世界の12のホテル

ロボコップの中にデトロイトの未来が見える 

RoboCop creator: Detroit shows the film’s fictional future is upon us

ロボコップの脚本、終末の未来に関する内容であり、最初のページの一番上に、”デトロイトの未来はない”と記されています。

映画脚本家、エド・ノイマイヤーが書き起こした予知的メッセージでした。

その内容は、アメリカの都市と関係があるものではなく、米国史上最悪の自治体破産状態の後ことです。
ノイマイヤーは、ロボコップがアメリカの未来を示すものだと話しました。彼はCNNの取材で、デトロイトは経済破綻に直面し、多くの場所で、発生していることを想像できます。
財務上と経済破綻により、末期的デトロイトを設定することで、1987年に製作されたロボコップは、犯罪がはびこる街で、どのようにしてサイボーグ法を警察に適用するのか関係しています。

ノイマイヤーが脚本を担当し、ポール・バーホーベンが監督しました。映画では、デトロイトがかつてメトロポリスで製造業の中心で、アウトソーシングと非雇用により無駄な状況になりました。

ノイマイヤーは、デトロイトを守る内容にしようとプロデューサーと口論しました。ロボコップにフィクションの破壊的な内容を加えることは、街が社会と一緒に連携して産業に変わることで、簡単に真実みが増しました。

振り返ってみると、ロボコップのアイデアは、自動車産業につながります。デトロイトの鉄の道は、16歳の時、力の強い車がとても人気があった時代に、車のイメージは非常に重要であり、最終的に、ロボコップの構成に役立ちました。

1950年代の自動製造業の受け台、おそらくベルトコンベアーのこと、とフォードやゼネラルモータースのような本部により、デトロイトはアメリカ経済のエンジンだと考えられていました。しかし、1980年代、日本が世界経済に目を向け、日産のような自動車メーカーが販売を始めたときに、アメリカの製造業は急激に減少を始めました。

今日、デトロイトは、かつての新興都市に影を落とし、7百万以上の人口のデトロイト、車の街は、16%の失業率で苦しんでいます。自動車関連の仕事がすべてであり今はなく、2007年の抵当危機が、住宅所有者のローンを直撃しています。

犯罪もまた、デトロイトにとって大きな社会問題となっています。2012年、フォーブスはアメリカで最も危険な都市と掲載し、2013年は最も悲惨な都市と掲載しました。

デトロイトの経済病を解決するための対策は、彼らの年金の一部の受け取りに伴う公共サービスを削除するようなものでした。仮に、緊急対策マネージャーによって提案されたとしてもです。

企業国家アメリカ

映画の中のフィクションのデトロイトは、多国籍企業に寄りかかり、その企業は、オムニコーポレーションOCPであり、病院から警察までに及びました。古いデトロイトが描かれ、新しい都市、ユートピアとしてのデルタシティが描かれました。

ロボコップの背景として描かれた品のない無神経なシーンは、企業が私たちのために何をしてくれるのかという問いかけになるでしょう。しかし、彼らの目的は、公共サービスの必要性とは異なるものとなるでしょう。

ノイマイヤーの影響が残ったとしても、ロボコップの中の巨大なビジネスは、アンチヒーローのOCPの上級管理者は、デトロイトを乗っ取ろうとするギャングと共謀しました。
「私たちは、いま、ロボコップで提供した世界に住んでいます。巨大企業が私たちの面倒をみてくれるのか? 面倒見てくれないのか」

ノイマイヤーは、デトロイトは、再建の機会があり、映画に登場したような向上心的なデルタシティのように生まれ変わるでしょう。
かつてのラストベルト地帯は、過去の期待を乗り越えなければなりません。街の没落から復活するのです。
彼はデトロイトの未来のために楽観的な印象を残しました。

安くて教育された労働力があり、ハイテク技術が彼らにあります。産業と技術的伝説がそこにあり、誰かがロボテク企業を始めるべきです。

ノイマイヤーはディック・ジョーンズを引用し、ロボコップの企業の悪者の一人、街の産業を統括し、技術基盤をまとめました。

「良いビジネスは、あなたが見つけるところにある(意味不明)」

この作品のリメークがジョセ・パディルハ監督とサミュエルLジャクソンとグレー・オールドマンにより、2014年に公開されます。

犬のためのサービスを備えた世界の12のホテル 

12 of the world’s dog-friendliest hotels

先月、イギリスの企業が、世界初の犬の休日というパッケージを発売しました。
その金額は7万ドル、あなたのかわいい犬がオリンピックのスプリンターと一緒にランニングをし、ラッシーのプライベート映像、ルイビトンの首輪、カウンセリング、イギリスのパウシーズンズホテルの宿泊がセットになっています。

最新でより豪華なサービスにより、ペット愛好家たちがペットをかわいがることができるのです。

ベストウェスタンフォールビューホテルBest Western Fallsview Hotel
犬の世話用の荷物を開く前に応接エリアの犬用のクッキーが用意され、犬の脚を浸しながら、犬のチェックが行われます。
ホテルは、クイーンビクトリア公園とナイアガラ公園からたった数メートルの距離で、ホテルのスタッフが喜んで散歩してくれます。

Best Western Fallsview Hotelは、1晩85ドル、犬は23ドルです。

Fairmont Miramar Hotel & Bungalows, Santa Monica, California
フェアマウントミラマーホテルアンドバングローズは、犬専用のベッド、えさ皿などをサービスしてくれます。
お座りのしつけと散歩のサービスも可能です。

ホテルは、サンタモニカペットストアーとグルーミングパーラーと連携しています。宿泊客は、犬のおもちゃ10%引きで犬のためのヘルシースパトリートメントなどのサービスを受けられます。

Fairmont Miramar Hotel & Bungalows, 一晩犬を含めて、329ドルです。

(原文には、他のホテルの紹介がありますが省略、他にもいろいろなサービスを受けられるホテルがあるようです。)

辞書として、英辞郎Proを使ってます。Proの有料版を使用すると過去の検索単語の履歴がわかります。でも使ってません。
Proの利点は、たった今検索した単語が横のエリアに表示されるので、複数の単語を検索したときに、ついちょっと前に検索した単語の意味を忘れたときに、再度検索しなくても良い時間の短縮になります。

でも、数日前の単語は、別のページに行かなければならないので、不便であり、複数の単語を一括して検索できません。

Weblioのほうは、単語の検索と言うよりは、機械翻訳で一括して翻訳します。
複数の単語も一覧表にしてくれます。一気に翻訳したいときはこちらの方が便利です。

しばらくどちらが良いのか検討したいと思います。

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: 海外のニュース記事 タグ: , パーマリンク