世界のニュース(翻訳)、世界のマクドナルドの特色メニュー、インドのマハラジャマックではビッグマックの2枚のビーフパテが2枚の鶏肉|第2次大戦から68年ぶりに、アメリカから沖縄の遺族に日の丸の旗が返却される 

世界のマクドナルドの特色メニュー 

インドのマハラジャマックではビッグマックの2枚のビーフパテが2枚の鶏肉
Unique McDonald’s meals from around the world

ハンバーガーの記事

世界中で最もよく知られたチェーン、マクドナルドは、世界のファーストフード産業に影響を持ち、失速する気配がありません。
その人気は、そのブランドの求心力があるにかかわらず起きた裁判や疑わしい証拠があっても、影響を受けることはありません。

たとえ、私たちが、それを認めたがらないとしても、他の国で、マクドナルドのサインを旅行中に見ると、少しだけ気分が良くなることがあるでしょう。

自宅から何千マイルも離れた場所でも、ダブルクォータバウンドチーズバーガーが遠い場所で、安心させてくれることはありません。

期待できるのは、海外のマクドナルドは、その国を特徴としたメニューがあります。これらの海外のマクドナルドのメニューは私たちを驚かせ、特定の地域では消費者に説得力のあるメニューです。

 その場所でみつけたものの中から、マクドナルドが提供する最もユニークなメニューを世界から集めました。

例えば、インドでは牛が神聖な動物とあがめられている地域であり、ビッグマックの2枚のビーフパテがマハラジャマックでは2枚の鶏肉になります。そしてフランスでは、McBaguetteマックマグエッテを注文できます。これはクラシックフランスパンに、フライドチキンまたはビーフなどさまざまなオプションを選択できます。
でも従来のマクドナルドを愛するファンは心配する必要はありません。あなたがどこに行こうとも、フレンチフライとコカコーラを注文することができます。世界の異なるメニューは私たちを驚かせますが、いろんな国のマクドナルドのメニュをご覧ください。
(順位のみ)

1.インド、Maharaja Mac Meal, India 

2.中東、McArabia Pita, Middle East

3.タイ、Samurai Pork Burger, Thailand

4.フランス、McBaguette, France
画像
mcbaguette_slideshow_final
5.アルゼンチン、The McFiesta Burger, Argentina

第2次大戦から68年ぶりに、アメリカから沖縄の遺族に日の丸の旗が返却される 

Okinawa Battle Flag Returned to Owner’s Family

画像
日の丸の旗

ぼろぼろの旗に書かれた文字が、68年間もの間、ハーブ・マクドーガルさんに働きかけました。
血で染まったその旗は、悲惨な第二次大戦後の沖縄に返却されました。

マクド−ガルさんは退役工兵で、現在は移動が制限され、フリートライヒの運動失調により話すことが困難な状態です。でも88歳の彼は、地球の反対側で始まった最後の作戦を実行しました。

「その旗は私のものではなく、私が所有するものではありません。私がそれを得たときですら、誰かの所有物だったのです。」

その旗は日本の国旗で、手書きのメッセージが書かれ、角には血で染まっていました。マクド−ガルさんは沖縄の洞窟で見つけました。

1945年の4月、19歳のハーブさんはワシントンから日本へ配属されました。第2次大戦の太平洋で血染めの戦いを目撃しました。

1万2千人以上のアメリカ兵が死に、11万人以上の日本兵が殺されました。同盟軍は、軍事基地として使っている島を守るために日本軍と戦いました。

日本の兵隊たちが瓶に入れて持っていた個人の宝である家族の写真、手紙、そして、幸運を祈るメッセージの書かれた旗などが島に散財していました。

「それは、兵士の旗とよばれ、多くの日本人が家族や同僚からもらったものでした。」
キム・マクドーガルさん、ハーブさんの息子さんは
「瓶の中に入れて日本人は持っていました。洞窟のどこかに、これは隠されていました。その後兵士は戻ってきませんでした。」

ハーブさんはこの旗を思い出の品として保存していました。キムさんと彼の妻は5月に家を掃除しているときにその旗を見つけました。
「父は、沖縄で見つけたと話しました。すべてが始まった場所であり、父のドレッサーの箱の中にありました。」

ハーブさんの願いとして、その旗の本当の所有者を探すことになりました。

彼らは、彼のお孫さんの元日本人教師に電話をしました。
「私が旗の写真を見たとき、旗には、私の故郷の町の名前が書かれてありました。」
鈴木あきさんは話しました。
「私は驚きました。それは私の故郷のものだったのです。」

旗の右側に描かれた文字、鈴木さんは、”千住警察署”とかかれていると示しました。その上に、手書きで簡単なメッセージ、 “Good luck.” 幸運を祈る、武運を祈るとかかれていました。

鈴木さんは旗の所有者の名前を見つけました。星とうじゅ、Toju Hoshiさんという名前です。

彼女はそれらの手がかりを持って、日本の警察官木暮のぶやさんを尋ねました。彼は、星家をさがすたくさんの手がかりを持っていました。そして星忠敏さんが見つかりました。

「始めにその話を聞いたとき、信じられませんでした。」と星忠敏さんははなします。

忠敏さんのお父さんが死んだとき、忠敏さんは3歳でした。遺品は戻ってきませんでした。きめの粗い5枚の写真がすべてでした。

今月の初め、あきさんは、個人的に東京へ旗を持ってきました。彼の父に関係するものが長い時間が経過して、ようやく彼の元に戻ってきました。

「私の父の精神が故郷に戻ってきました。私は大人になって、彼と一緒に酒を飲むことができます。」

その旗は、マクド−ガルさんの手書きの手紙と一緒に戻ってきました。
”あなたの遺品は、私のものではありません。”

「旗は故郷に還った」
ハーブ・マクド−ガルさんは、
「旗の所有者の家族が見つかったと連絡があったとき、私の安心感がどれほどか理解できないでしょう。」

二人の男、かつての不倶戴天の敵は、最後の尽力により、調和したものとなりました(意訳)。

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: 海外のニュース記事 タグ: , , パーマリンク