海外ニュース(翻訳)、エルトンジョン盲腸の手術後は順調|アップル創業者の伝記映画ジョブズの主演アシュトンカッチャーは役になりきろうとして入院していた

アップル創業者の伝記映画ジョブズの主演アシュトンカッチャーは役になりきろうとして入院していた 

Ashton Kutcher: I Was Hospitalized Becoming Steve Jobs
http://abcnews.go.com/blogs/entertainment/2013/08/ashton-kutcher-i-was-hospitalized-becoming-steve-jobs/

アシュトンカッチャー過去記事彼(ジョブズ)のキャラクターを演じることで僕の人生も変わった

以下、和訳

アップル創業者の伝記映画ジョブズの撮影後、アシュトンカッチャー35歳は、撮影初期の頃、入院を余儀なくされたと認めました。

カッチャーは、アップル創業者に似せるだけでなく、ジョブズのダイエットに挑戦しました。それは、Mucusless Diet Healing System(意訳:粘液減少ダイエットヒーリングシステム)という本に書かれた果食主義者のダイエット方法でした。

その本は、ブドウ糖の価値について記載され、人間の体に蓄積されているのがおそらく純粋な糖分のみであるということが書かれているものだと、ニューヨーク市の映画ジョブズのプレスカンファレンスでレポーターに話しました。
「その本を書いた人はかなり誤解していると思います。私のインスリン濃度はひどく低下し、膵臓は悪化しました。それは痛みが激しいものでした。何が悪いのかはわかりません。」

ダイエットにより、カッチャーは18ポンド体重を減らし、周囲からもジョブズに似ていると思わせるものでした。

「彼がやっていたことをやってみようと思ったのです。彼が賞賛した企業家たちを調査し、彼が聴いた音楽を聴き、彼が食べた食品を食べ、彼が歩いた方法で歩きました。」

「彼は、誰かと会議をしたいと思ったときに歩き、私もそのようにしたり、はだしで歩いたりしました。」

“That 70s Show”の元スターがジョブズのように歩くのは簡単ではなかったことでしょうけど、鏡を見てショックを受けたと話しました。
「快適ではなかったけど、目的は達成しました。」

ジョブズは、従業員を問い詰めることで知られており、カッチャーは擁護しました。

「ジョブズのようなアプローチは、率直すぎて不親切な部分もあります。
しかし、彼が作り出してとてもすごい製品を作るためには必要なことなのです。」
ジョブズのように完全を求める要求により、アイフォンやiPadのような製品を世界に広めることができたと彼は説明しました。

「私の7歳の甥はフェースタイムをして、80歳の祖母は、パスとよばれる個人のソーシャルネットワークの会員です。彼女は、家族と一緒の写真とレシピを投稿しています。」

エルトンジョン盲腸の手術後は順調

Elton John Recovering From Appendix Surgery

エルトンジョンは自宅で順調に静養中です。虫垂切除の出術後のことです。
ジョン、66歳は、モナコのプレンセスグレース病院で木曜日に手続きをしました。彼は、先月、コンサートをキャンセルしたときに、手術を受ける必要があると発表しました。

ジョンはウェブサイトに1週間以上も前からファンに向けてメッセージを残しました。
「ファンの方からのカードやメッセージに感謝します。皆さんの温かい気持ちが私を癒やし、すぐに回復できるよう治療に専念します。コンサートで皆さんに会えるのが待ち遠しいです。(意訳)」

ジョンは9月に開催されるthe inaugural Brits Icon awardで受賞する予定です。彼はまた、iHeartRadio musical festivalでも予定でされていて、9月20日にラスベガスでキックオフです。

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: 海外のニュース記事 タグ: , パーマリンク