海外ニュース(翻訳)、スペインのバスの屋根に庭をつくる|ダスティン・ホフマンさんは、ガンの手術が成功したと代理人が発表

今日は他に優先してさきに記事にしたいIT内容があったので、短い記事だけにしました。

ダスティン・ホフマンさんは、ガンの手術が成功したと代理人が発表 

shit or get off the pot はっきりしろ
get off the pot やめろ

最も重要なことは、30,40,50代のときに、いつでも時間があると考えることです。

Dustin Hoffman Had Cancer, Was ‘Surgically Cured’
http://abcnews.go.com/blogs/entertainment/2013/08/dustin-hoffman-had-cancer-was-surgically-cured/

ダスティン・ホフマンさんは、ガンの手術が成功したと代理人が発表しました。
「ガンは早期発見で、手術は成功しました。ダスティンは状態も良く、健康です。」

ダスティンホフマンさん75歳は、将来の再発を防ぐために、予防治療を今後継続する予定です。彼の代理人は、ガンの症状やどのような治療方法だったかについては、述べませんでした。

数ヶ月前に、彼の監督作品Quartetにより、2度のアカデミー賞を受賞しました。

「他のすべての俳優と同じようにがんばっています。最も重要なことは、30,40,50代のときに、いつでも時間があると考えることです。突然75歳になって、はっきりするでしょう。(意訳)」

ダスティン・ホフマンはスカーレットヨハンソンとロバートダウニーJrが共演する”Chef”の製作に関わり、今年の年末か2014年に公開の“Boys Choir”の製作をスタートさせました。

スペインのバスの屋根に庭をつくる 

 都会の緑化は無駄だし、交通の邪魔だと思うので、道路脇の歩道に植えてある樹木は山に植えた方がいいと思っています。歩行者にとっても邪魔でしかない。歩いている人が、アスファルトの植物に興味を持つことはありません。まだ、電柱のほうが役に立ってます。
 
 都市計画で緑のある町と言えば、聞こえは良いですが、自己満足に過ぎず、車の排ガスで樹木が枯れていき、秋にあると葉っぱが落ちて、清掃員の仕事が増えるだけ。そして、夏の暑さが続いて、水が降らないと、また、清掃員が水をやります。こんな無駄な税金はありません。無駄だとわかって、何となく殺風景が嫌だから植物を植えようとする安易な考えが、無駄な作業を増やしています。
ほんとに緑化したいなら、一部の区域を買い取って、緑化公園にして林のようにするべきです。
でも土地がないので、賛成する人はいないでしょうけど。

画像
バスの屋根に庭ガーデン

Designer plants a garden on a bus

スペインで、バスの屋根に庭を設置したバスが運行しています。
自動栽培のバスは屋根に低木とハーブを植えています。水は自然に与えられさらに良いのは、自動車のエアコンからの熱により、バルセロナに近くのギロマの町はとても暑い気候です。
環境問題に対する関心による草木は、湿気と栄養分が蓄えられた軽量水耕法の発泡体に植えられています。バスが突然ブレーキをしても植物が落ちないようにステンレスチールのメッシュで固定されています。

この企画は、フィトキネチックとよばれ、景観アーティストのマーク・グラネンさんにより構想デザインされました。
「私の計画は、都会の環境に緑を広げることです。2酸化炭素の吸収を増やし、公共機関にエコロジーで、旅行者に楽しさを与えたいと思います。」
彼はそう話してくれました。

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: 海外のニュース記事 タグ: パーマリンク