(1)3Dアプリ製作Unity作業の注意点、C#、Blenderブレンダーとの連携について|(1)アイフォンアプリ製作に役立つユーチューブ動画、iOSストーリーボードUIViewControllerなど

(1)アイフォンアプリ製作に役立つユーチューブ動画、iOSストーリーボードUIViewControllerなど

**

3Dアプリ製作Unity作業の注意点、C#、Blenderブレンダーとの連携について

現在、アイフォンアプリ、アンドロイドアプリ用のスマートフォンゲームアプリを製作中です。
7月に作業に取りかかりました。はじめてのUnityですので、いろいろと覚えることがありすぎて大変です。
 特に、Unityは3Dオブジェクトファイル、例えばブレンダーのファイルやFBXファイルを扱えることから、3Dポリゴンオブジェクトを作成できる3Dソフトとの連携が可能です。
 つまり、3Dソフトブレンダー、MAYA、LIGHTWAVEなどで作成した3DポリゴンをUnityで表示させてゲームとして楽しむことができます。
 
 しかし、覚えること、設定、パラメータなどが多くて忘れがちです。そこで、約1ヶ月経過したこともあり、ここで、最初に躓いたところをメモしていきます。
 
・C#、JAVASCRIPTについて
JAVASCRIPTとC#は、ほぼ構成が似ているので、ホームページや関連書籍を参考にできます。
また、JAVASCRIPTとC#の変換ウェブサービス(無料)もあります。

・C#について

#include,#importを記述しなくても同じプロジェクト内のスクリプトは利用可能。
MonoBehaviourを継承しないクラスも作成できます。ただし、Unity独自のコマンドは利用できません。
using System.Collections.Generic; でstdのListが利用できます。
MonoBehaviourを継承するスクリプトはAddComponentが必要です。

public MyDialog dialog;
//dialog=new MyDialog();//not work
dialog=gameObject.AddComponent<MyDialog>();//MyDialog.cs

GUI系のオブジェクトの扱いは、座標がスクリーン座標となります。3D空間ではありませんので、はじめは、あれ?になりますが、ああそうなのかそういうことねとなります。

Inspectorにパブリック変数を表示させたくないときは
[HideInInspector]
を記述します。すでに変数を与えてある場合や外部から変数をあてる必要がないときに使用します。

・ブレンダーとUnityの連携、オブジェクトの挿入

ブレンダーで作成したオブジェクトの大きさを1くらいとすると、Unityで表示させるときは、スケールを約30ー50倍くらいに拡大する必要があります。カメラ位置0, 10, -13の場合で、Projection:Perspectiveです。
また、横面にするためには、Y軸で90度、正面を見せるためにY軸180度回転させる必要があります。

UVをブレンダーで設定し、テクスチャを設定後、FBXに出力し、Unityにインポートするとき画像のリンクが解除されます(パスが不明となるため)ので、再度Unityで画像を設定する必要があります。画像を設定するだけです。UnityでUVを設定し直すようなことはありません。まあ、Unityにはポリゴンを作成する機能がないので、Unity自体でUVを作ることはできないので当たり前と言えば当たり前ですが。

出力のときは不要なカメラ、オブジェクトが挿入されないように、出力の時に、設定をします。

テクスチャは、オブジェクトで異なる設定で使いたい場合は、重複のテクスチャ、サーフェース名は使用しないこと。特に、名称なしやデフォルトは避けるようにしてください。重複のサーフェース名を使用すると同じ色になったり、想定した色と異なります。後の修正作業が面倒です。

・Unityに3Dオブジェクトを表示させて思ったこと

意外に画面がきれいに表示されて折らず、ブロックひずみになっていると思いました。

・今後のUnityの作業

ブレンダーでボーンを設定し、アニメーションを設定した後に、Unityにインポートしてアニメーションさせる
アニメーションをプログラムで制御する

参考リンク

http://wiki.unity3d.com/index.php/CSharpMessenger_Extended以前のリンク先が変わっていました。

アイフォンアプリ製作に役立つユーチューブ動画、ストーリーボードUIViewControllerなど

アイフォンアプリで、テーブルのリストを選択して、ストーリボードの遷移を学習できます。
短いもので30分、長いもので1時間程度の学習時間になります。動画を見ながら、X-CODEでアプリを作りながら作業できるようにすれば理解も早いと思います。大きなディスプレイかマルチディスプレイの環境があるとよいです。

 英語ですが、コードの入力からわかるので動画の通りに進めば、アプリが完成します。
いくつかの書籍を買ってユーチューブの内容を比較をすると、書籍の内容は、動画の説明の5分から10分程度にあたり、ユーチューブの動画の内容の濃さに驚きます。著者の実力を攻めているのではなくて、文字と静止ベースと出版界の事情の限界なのでしょう。
文字や画像が多くなると著者の負担が大きく、ページ数が増えれば書籍の金額高くなり、売れなくなるわけです。内容が濃ければ濃いほど読者は理解が深まりますが、実際はページ数が多くなり、本が重く検索できず、金額が高いという残念な結果になるのでしょう。
 書籍、紙による教育、指導、教示の限界というものでしょうか。
動画も実際の講義やセミナーに比べて、緊張感や情報量、その場の雰囲気などに劣りますが、それでも十分学習できる内容でした。

(1)テーブルビューで項目を削除したときに、エラーとなる場合の例です。

ViewController.m

-(void)tableView:(UITableView *)tableView commitEditingStyle:(UITableViewCellEditingStyle)editingStyle forRowAtIndexPath:(NSIndexPath *)indexPath{
    if (editingStyle==UITableViewCellEditingStyleDelete) {
        Contact *delegatedContact=[self.contacts objectAtIndex:indexPath.row];
        NSManagedObjectContext *moc=self.delegate.managedObjectContext;
        [moc deleteObject:delegatedContact];
        NSError *error;
        if (![moc save:&error]) {
            NSLog(@"error");
        }
        
        //もしこの状態で項目を削除したときにエラーがでたら [self loadData]の機能が足らないことになります。
        [self loadData];//これがないと項目を削除したときにエラーがとなります。
        [self.tableView deleteRowsAtIndexPaths:@[indexPath] withRowAnimation:UITableViewRowAnimationFade];
        
    }
}

関数

-(void)loadData{
    NSManagedObjectContext *moc=self.delegate.managedObjectContext;
    NSFetchRequest *fr=[[NSFetchRequest alloc]initWithEntityName:@"Contact"];
    NSError *error;
    self.contacts=[moc executeFetchRequest:fr error:&error];
    
}

(2)UITableViewCell *cellのエラーが多い、forIndexPath:indexPathを削除する

2012年くらいのXC0DEのユーチューブ動画や書籍には、forIndexPath:indexPathが記載されていません。新しいバージョンのXCODEではforIndexPath:indexPathが追加されていて、エラーになることがあります。


- (UITableViewCell *)tableView:(UITableView *)tableView cellForRowAtIndexPath:(NSIndexPath *)indexPath
{
    static NSString *CellIdentifier = @"Cell";
    //アプリ実行をして不明なエラーの時は、forIndexPath:indexPathを削除する
    UITableViewCell *cell = [tableView dequeueReusableCellWithIdentifier:CellIdentifier];
    //UITableViewCell *cell = [tableView dequeueReusableCellWithIdentifier:CellIdentifier forIndexPath:indexPath];
    
    if (cell==nil) {
        cell=[[UITableViewCell alloc]initWithStyle:UITableViewCellStyleSubtitle reuseIdentifier:CellIdentifier];
    }
    // Configure the cell..
    return cell;
}

・その他、エラーの対処

this class is not key value coding-compliant for the key cancelButtonPressed.’
これは、A画面からB画面に遷移するとき、遷移先のB画面にあるcancelButtonPressedの設定が間違っているために発生したエラーです。
A画面でボタンをタップしたときに、強制終了するので、A画面での問題かと思いましたが、A画面からB画面に移動する直前でエラーとなりました。

対処:
cancelButtonPressedが間違ってい設定されていた(画面上でびっくりマークが表示されている)部分を削除しました。

原因:
紐付けを行って、取り消しをコード上でしてもXlib上ではまだゴミが残っていたみたいです。そのため、びっくりマークが表示されていました。
慣れていないと何がどうなっているのかわからないエラーでした。

使い回しのできるメソッド、deleteData:(NSString*)deleteQueryで効率よく見やすく処理している記載方法

-(void)tableView:(UITableView *)tableView commitEditingStyle:(UITableViewCellEditingStyle)editingStyle forRowAtIndexPath:(NSIndexPath *)indexPath{
    if (editingStyle==UITableViewCellEditingStyleDelete) {
        Person *p=[arrayOfPerson objectAtIndex:indexPath.row];
        
        [self deleteData:[NSString stringWithFormat:@"DELETE from PERSONS where NAMA is '%s'",[p.name UTF8String]]];
        
        [arrayOfPerson removeObjectAtIndex:indexPath.row];
        [tableView deleteRowsAtIndexPaths:[NSArray arrayWithObject:indexPath] withRowAnimation:UITableViewRowAnimationFade];
    }
}
-(void)deleteData:(NSString*)deleteQuery{
    char *error;
    if (sqlite3_exec(personDB, [deleteQuery UTF8String], NULL, NULL, &error)) {
        NSLog(@"OK");
    }
}

iOS Development: Storyboards and UITableViews (Part 1 of 2)

評価:星4つ
ストーリーボード、UITableViewのコード説明、リストの項目の追加、削除、変更までが説明されていて、非常に役に立つ講座です。アイフォン関連の初心者向け書籍に書いてある以上のことが学べます。一般に売られている書籍の内容の3倍以上の内容の濃さがあります。書籍の内容は、導入部だけで、そこから学ぶことは非常に少ないのです。実際は、そこからどうやって、発展させていくのかと言うことなのですが、実際のアプリ製作の約立つ内容にまでは踏み込まれていません。書籍では、単に、画面にリストを表示させておしまいというのが多い中で、この動画はリストに表示させて追加、削除まで説明されています。

iOS Development: Storyboards and UITableViews (Part 2 of 2)


iOS Development: Core Data

評価:星3つ
50分と1時間7分のところで、うまく動作しないところがありました。コンパイルエラーがなくて、リストを削除するとエラー、動作停止になります。
今の実力では直せません。
コメントにも同様の記載があるので、他の人も戸惑っているところがあるみたいです。
他の動画を見ながら、修正したいと思います。

・Xcode 4.6 Tutorial – UITableView with Search Bar (Part 1)

画像1
評価:星3つ
UITableViewのコードが説明されており、検索についても説明。なお、私が実際にアプリを作ると検索が上手く動作しませんでした。リストを選択したり、リストを検索する方法が学習できます。
どこが悪かったのかを後日検討したいと思います。

Xcode 4.6 Tutorial – UITableView with Search Bar (Part 2)

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: iPhoneアイフォンアプリ開発, unity3D, ブレンダーBlender タグ: , , , , パーマリンク