海外ニュース(翻訳)、カリフォルニア州、ハンナ・アンダーソンさん16歳少女誘拐事件、解決、知人の犯行

カリフォルニア州、ハンナ・アンダーソンさん16歳少女誘拐事件、解決、知人の犯行

have a crush on 一目で恋に落ちる

ハンナ・アンダーソンさんの生存が確認され病院に保護されました。
犯人は射殺されたようです。犯人とアンダーソンさんとの関係はどのようなものだったのでしょうか?

 事件を解決するために犯人の生死を問わないと言うことが驚きです。日本ならば、犯人を殺さずに、犠牲者が出ても生かして逮捕するはず。ここがアメリカの犯罪捜査の特徴であり、犯罪を短期に解決し、犯罪の抑止力を示すことを優先する対策のすごいところです。

また、アメリカのいくつかの州で死刑がないのは、逮捕する前に射殺されてしまっていて、死刑にする必要がないからでしょう。警官に反抗する意志を持ち、反省する気持ちがないわけです。死んで当然と考えられるのでしょう。
日本は、どんな犯罪でも事件捜索中に、犯人を射殺することはありませんから、どんな犯罪者であっても生かされて刑務所に送られるわけです。
そして、死刑になると人権団体が騒ぎ立てます。アメリカならば、すでに死んでいるわけですから、死刑にする必要がありません。すでに、重い罪を犯した人間が死んでいるわけですから死刑にする必要がない。だから死刑制度が必要ないとも言えます。
 事件解決方法と死刑制度を比べてみないと、案外、どちらが残酷とか人権が大事とか言えないことがわかりました。

前回の記事、カリフォルニア州、16歳少女誘拐事件、ハンナ・アンダーソンさんと犯人の関係は恋人か?

Murder suspect killed, teen girl found alive

ジェームス・ディマジオはカリフォルニアで殺害の容疑者であり、16歳のハンナ・アンダーソンさんを誘拐しました。その後、アイダホの自然保護区域で射殺されました。FBI捜査官はサンディエゴのモアヘッド湖の近くの場所で、午後5時頃射殺しました。少女は無事に発見されました。
そして彼女は病院へ搬送されました。
ハンナ・アンダーソンさんはチアリーダーの練習のあった8月3日を最後に行方がわからず、翌日の8月4日、彼女の母と弟がディマジの家から死体で発見されました。

150人のFBI捜査官を含む250人の捜査員により、ディマジオと少女の捜査が始まりました。捜査員は300マイルの範囲を捜索、金曜日にディマジオの車を発見しました。ナンバープレートは外され、自動車は、雑木林に隠されていました。

「われわれは、どんな情報、どんな証拠の一部でも手がかりを見つけ、ハンナ・アンダーソンさんを安全に発見します。」保安官事務所のアンドレア・デアーデンさんは話しました。

ディマジオが一目惚れ
ハンナ・アンダーソンさんの友人は土曜日に、ディマジオと少女の関係を説明しました。メリッサ・チャベスさんはCNNに、彼女は、1ヶ月前ハンナさんとディマジと一緒に車に乗っていたと話しました。そのとき、ディマジオはハンナに一目惚れしたと話していました。

彼は彼女と同じ年代なら、デートに誘っていると話しました。

ハンナは、彼の発言に狼狽していましたが、母親には話しませんでした。理由は、彼女の両親とディマジオの親密な関係を壊したくなかったからだとチャベスさんは話しました。
しかし、ハンナはディマジオと一緒にいたくはなかったとようだと説明しました。

始めの頃、ディマジとハンナさんとがハリウッドに旅行に行ったことを思い出しました。その旅行は1週間の予定でしたが、二日で戻ったとハンナさんは話しました。それは、ハンナさんがディマジオのことを構ってくれなかったからディマジオの機嫌が悪くなったというものでした。

「私は、ハンナが彼と積極的につきあうとは思えません」チャベスさんは答えました。

捜査、大詰め
乗馬の男性がアイダホの自然保護区域で二人の人物と短い会話をしたと報告があり、その後、容疑者の車が発見されました。乗馬の男性は、そのとき、二人が誘拐犯とその少女であることを知りませんでした。
その後、ニュースで事件を知り、誘拐システムへ連絡をしました。

乗馬の男性の印象では、少し変な感じがあったけど、警戒するようなものではなかったと話しました。
ディマジオと少女はキャンプ用品を持って歩いていました。

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: 海外のニュース記事 タグ: , パーマリンク