海外ニュース(翻訳)、ユタ州の9歳のオークリー・サイドウェルちゃんが座っていたトランポリンが風で飛ばされ死亡|地球温暖化は偽りのデータを解析したものなのか?

ユタ州の9歳のオークリー・サイドウェルちゃんが座っていたトランポリンが風で飛ばされ死亡 

9-year-old Utah girl dies in freak trampoline accident
Read more:

ユタ州の9歳の少女が座っていたトランポリンを、突然の強風が150フィートの高さに飛ばし、彼女は死亡しました。当局は不慮の事故と発表しました。

FOX13の報告では、オークリー・サイドウェルちゃんは友達と裏庭でトランポリンを使って遊んでいました。他の子供たちはトランポリンから離れていました。
オークリーちゃんがトランポリンの上に座っていると風が吹きトランポリンを空中へ飛ばしました。

フットボール場の半分位の距離で彼女はトランポリンから落ちました。
彼女は病院に搬送されましたが、複数のケガが原因で死亡しました。

警察の説明では、トランポリンはきちんと組み立てられており、地面にアンカーが打ち付けられて安全ネットもありました。
今回の事故は、悲しくも不慮の事故であると発表しました。

地球温暖化は偽りのデータを解析したものなのか? 

 地球温暖化の基盤となるはずのデータが改ざんされているとしたら、全くのでたらめのデータとなり、そのデータを解析して地球が温暖化と判断したのは間違いとなってしまいます。
 データの正確性と正当性を裏付けられていないなら、地球温暖化、二酸化炭素減少は一体何だったのかと思ってしまいます。アメリカは、地球温暖化について、地球が温暖化になっていないと始めから知っていて、二酸化炭素の減少対策に乗り気ではなかったのではないのかと疑ってしまいます。
 
 

Distorted data? Feds close 600 weather stations amid criticism they’re situated to report warming

Read more:

アメリカの周辺に配置された数百にも及ぶ天気観測所からのデータが惑星の温暖化を示していますが、何人かの反論者は、政府が発表した報告は正しい場所で計測されたものではなく(意訳)、本来の気候の状態を歪曲するために、暑い駐車場、空港、その他の気候データを利用していると話します。

事実、米国海洋大気庁NOAAでは、過去2年で、9000にも及ぶ観測所のうち600カ所を閉鎖しました。これは問題があるのか不要だからなのか、関心があるところです。関係しないデータを使用していたのではないかという疑惑が起こり始めた直後のことです。
この閉鎖は、天気データを集めて証明するのに役立ちます。しかし、meterologist and blogger Anthony Wattsアンソニー・ワッツ氏のような反論者の話によると、少なすぎるし、遅すぎると話します。
「汚染され、十分に備え付けれていない観測所を彼らがなぜ使い続けるのかという疑問が残ります。」

ワッツ氏は欠陥のある天気観測所を調査し、ヨセミテ公園に設置されている天気観測所を指摘し、ヒートシンクを備えた装置の一つがあり、熱を保持する物体であり、夜になれば熱を開放します。ヒートシンクは観測所の中や近くにおいて、使えないデータを省くことができます。一般的に、誇張された気温は、境界線地域では代用できません。
「ヒートシンクは、道路、建物、鉄のパイプであり、観測所の周囲にあります。」

ヨセミテ公園に追加されたヒートシンクのその後、興味深い傾向が見られました。温度が低いはずの夜の気温が昼間の温度よりも高くなったのです。ワッツ氏は、コンクリートの構造体が熱を保持し、夜になって熱を放射するからで、ヒートシンクが効果を発揮しました。

しかし、政府の広報担当は統計に基づいたデータを利用しているため、そのような事実はないと発表しました。

「NOAAの気温データは科学的にも正しく疑う余地はありません。」NOAAの広報担当スコット・シュムレンさんは話します。
「記録の正確さを証明するために、科学者は、潜在的不正確のすべてに関して査読された方法を使っています。」
シュムレンさんは、最近の観測所の閉鎖について、システムをよくするためのものだと説明しました。
また、調査員は、いくつかの観測所を閉鎖した理由を、不要なデータが含まれていたり、都市部の成長が考えられると検討しています。

しかし、ワッツ氏は、閉鎖によって、問題のある観測所を特定するための長年にわたる計画の正当性のなにかがそこにあると話します。
ワッツ氏が発見した最初の公式な見解のいくつかは、2009年に“気候のゲート”という電子メールでリークしました。NOAAの国際気候データセンターの責任者は、ワッツ氏の発見を深刻に受け止めているようでした。

「彼は、理想的な環境よりも少ない40のウェブサイトを示しました。彼は、都会のバイアスと自然のバイアスについて主張しました。私たちは、公共問題についてまとめています。それがどのようなものになるのかわかりません。」トーマス・カール氏、責任者はメールを送りました。

すると、他の機関を査定し、報告する政府の説明責任のある機関が不適切は観測所の報告を調査し、2度ワッツ氏と面談しました。

2011年8月の“NOAA Can Improve Management of the U.S. Historical Climatology Network”NOAAは、アメリカの歴史的気候学ネットワークの管理を証明できるとする論文について、GAOは
「NOSSは機関の規則を広げるべきではない。正確ではない観測所を残すかどうかまたは移動、閉鎖するかに関しその権限はない」としました。

NOAAのシュムレンさんは、最近の報告と過去2年間の観測所の公表は、ワッツ氏の調査よりも明確なものです。

(疲れたので、以下原文の翻訳は略します)

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: 海外のニュース記事 タグ: , パーマリンク