海外ニュース(翻訳)、フロリダ州、12歳の少年の脳をアメーバが侵す

フロリダ州、12歳の少年の脳をアメーバが侵す 

Florida boy, 12, tests negative for amoeba activity; still suffers from extensive brain damage
Read more:

フロリダ州、まれで危険な病原体アメーバに感染した12歳少年の家族は、彼の脳を破壊していた病原体が消えたと発表しました。

ザッカリー・レイナ君のPray4Number4 – Zachary Reynaフェースブックによれば、水曜日の朝に医者が家族に抗生物質が、感染を防いだと話しました。試験では陰性でしたが、フェースブックには、広範囲にわたり、脳の損傷で少年は苦しんでいるとのことです。

レイナ君はきれいな水の池、川、湖で発見される単細胞生物のアメーバによるフォーラーネグレリアに感染しました。州の保険局は、今回の病気は、脳細胞を破壊するアメーバ(性)髄膜脳炎と呼ばれるまれな脳の感染症で、非常に危険であると発表しました。

家族は、レイナ君がニーボードを友達としているときに感染したと発表しました。彼は、マイアミの小児科病院で治療を受けています。

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: 海外のニュース記事 タグ: , パーマリンク