日本の宮崎駿監督が11作品目で引退、ベニス映画祭に風立ちぬを出品

日本の宮崎駿監督が11作品目で引退、ベニス映画祭に風立ちぬを出品 

海外でも日本の宮崎監督が話題になっていました。
Japan’s Miyazaki to Retire After 11 Feature Films

宮崎駿監督、引退表明 6日に東京で会見へ

オスカー賞を受賞した宮崎駿アニメーション監督が所属するアニメスタジオは、ベニス映画祭に風立ちぬを出品し、これが彼の最後の作品であると発表しました。

星野社長は日曜日に、宮崎監督の引退の意志を発表し、質問を受けず、来週の東京での記者会見を開くと説明しました。

「宮崎監督はみなさんにさようならと言いたがっていました。」とジブリは発表しました。

宮崎監督は、国際映画祭には出席しません。彼のイタリアの代理人は、彼は日本にいると発表しました。

宮崎駿監督、72歳は、日本の有名で成功したアニメーション監督の一人です。
2003年に千と千尋の神隠し―Spirited awayでオスカー賞を受賞し、2005年にゴールデンライオン賞を受賞しました。

風立ちぬ”The Wind Rises”は、宮崎監督の11作品目であり、第2次大戦中の日本の戦闘機を設計した男を描いた作品です。

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: 海外のニュース記事 タグ: パーマリンク