海外ドラマ、ライトゥーミー(直訳、嘘をついてみろ、邦題、嘘は真実を語る、嘘の瞬間)をみていると、オバマ大統領の苦渋の判断がわかる|シリア攻撃と言うから、アメリカが今日明日、すぐに戦争突入するかと思ってたら、まだ戦争してなかった。「攻撃するぞ!、戦争だからな」とアメリカが世界に宣告しただけでした

海外ドラマ、ライトゥーミー(直訳、嘘をついてみろ、邦題、嘘は真実を語る、嘘の瞬間)をみていると、オバマ大統領の苦渋の判断がわかる 

 海外ドラマ、ライトゥーミー(直訳、嘘をついてみろ、邦題、嘘は真実を語る、嘘の瞬間)をみていると、顔の表情で相手がどんな心境でいるのかわかるようになります。
もしかすると感情を顔に出すタイプの人でなければ、他人に気持ちを読まれることはないのでしょうけど。
無意識のうちに、顔に表情がでるときは、ずばり、今どういった心境なのかわかり面白いと思います。

 オバマ大統領のシリア侵攻を見てみると、あくまでも写真の表情ですが、戦争をしたくて戦争をしたいわけではなくて、誰かに動かされて仕方なくといったように受け取れます。
つまり、自信がないようにみえるのです。
 

シリア攻撃と言うから、アメリカが今日明日、すぐに戦争突入するかと思ってたら、まだ戦争してなかった。「攻撃するぞ!、戦争だからな」とアメリカが世界に宣告しただけでした 

 シリア攻撃と言うから、アメリカが今日すぐに、戦争かと思ってたら、まだ戦争してなかった。
日曜日、月曜日にニュースで、化学兵器を使用したシリアをアメリカが攻撃を開始すると聞いたので、アメリカが、自国の利益を優先させ、世界にアメリカの支配力を見せつけ、世界をコントロールするために戦争を仕掛けるのかと思っていました。そして、すぐに、戦争に突入する。戦争が始まった。と思っていました。
株式市場はどうなるんだ。

でも、まだ、アメリカが世界に向けて、「戦争するぞ、攻撃するぞ」と宣告しただけでした。

 CIAの情報や各局、各国の連携が、イランイラク戦争のように、アメリカにとって自由に動ける状態ではないのでしょう。
今回、化学兵器をシリアの政府軍、反政府軍のどちらが使用したのか明確な証拠も確証もなく(私が知っている現在の範囲のニュース知識)、イギリスの協力が得られません。当然ながら、ソビエトと中国は戦争に反対。

アメリカはどうするんでしょうか?

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: 映画、ドラマ感想 タグ: , パーマリンク