海外ニュース、(見出し)、アップルが6インチサイズのスクリーンのテストを進める|ヤングスーパーマンSmallvilleコミック、フォーマットが変更|ホワイトカラーのニール役マットボマーがフィフティ・シェイズ・オブ・グレイ Fifty Shades of Greyの出演を期待されるも、あくまでもファンの声

英語の勉強のために、海外の気になるニュースを翻訳しています。ずいぶん、慣れてきましたが、飽きても来ました。
集中力を用するので疲れてしまいます。見出しとか読みやすい記事を記載するようにしました。

アップルが6インチサイズのスクリーンのテストを進める 

Apple Reportedly Testing iPhone Screens as Large as 6 Inches

アンドロイドデバイスはスマートフォン市場で牙城を築きつつありますが、物理的に困難な面を持ちます。HTCとギャラクシーは、高解像度スクリーンでアイフォン4インチ市場を脅かしつつあります。

一方で、アイフォンが順調に市場を広げている中で、アップルはサイズ問題に直面しています。ウォールストリートジャーナルによれば、アップルは、6インチサイズの大きなスクリーンのテストを勧めています。
アップルはHTCとギャラクシーS4の間の大きさとして4.8インチサイズに興味を示している様子です。
しかし、次の期待すべき製品として大きなスクリーンに移行する必要は無いでしょう。アップルの歴史の中では、最終的に製品にならなかったものもあります。アイフォン自体は、いくつかのプロトタイプの中から生まれてきました。
木曜日のプレゼンテーションで何が発表されるのか、アップルファンを期待をして待っていることでしょう。指紋認証センサーとiOS7について議論されるでしょう。

ホワイトカラーのニール役マットボマーがフィフティ・シェイズ・オブ・グレイ Fifty Shades of Greyの出演を期待されるも、あくまでもファンの声 

Matt Bomer Responds to Fifty Shades of Grey Petition

チャーリー・ハンナムとダコタ・ジョンソンが、フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ Fifty Shades of Grey(グレイの50の影、謎、ミステリー、といった感じでしょうかね。)に出演すると発表された後、失望したファンが、ホワイトカラーの元詐欺師のニール役マットボマーとアレキシス・ブレデルに交代させるべきだとして、サイトを立ち上げました。

しかし、ボマーは冷静です。
「ファンの皆さんがそう思ってくれるのは非常にうれしいことです。でも、私は、チャーリーとダコタのドラマを楽しみにしています。」とボマーは話しました。

ボマーの発言は、フィフティ・シェイズ・オブ・グレイのファンを喜ばせるものではありませんでした。ファンはホワイトカラーのスターに期待していたのです。
6万5千人の署名が集まりました。

ヤングスーパーマンSmallvilleコミック、フォーマットが変更 

画像superman
superman

Exclusive: Smallville Comic Book Changes Format, Heads for a Crisis

 スーパーマンの高校生、大学生時代を描いたヤングスーパーマンSmallvilleのシーズン11が始まりそして終わりますが、クラークケントの物語が終わるわけではありません。
今年の秋に人気の作品のデジタルコミックが新しい形態で始まります。DCコミックはこのミニシリーズの売り上げで一位を獲得しています。
 この変化は、シーズン11の雰囲気に影響を与えるようなものではありません。一般的な、初めての読者にとってもわかりやすい内容になっています。最初の20ページくらいに説明を入れてあり、ミニシリーズがどういったものか理解できるようになっています。ヤングスーパーマンの内容を理解する手助けになるでしょう。
 
 (略)

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: 海外のニュース記事 パーマリンク