iOS7 iPhoneアプリ(4作目)申請からリリース状況のまとめ 2013年9月、弁理士短答試験過去問題記録ノート

iOS7 iPhoneアプリ(4作目)申請からリリース状況のまとめ 2013年9月、弁理士短答試験過去問題記録ノート 

画像

SQLiteとCoreDataを使用しました。iOS6,7、iPhone,iPad対応です。
iOS7が公開されるのを待ってのリリースでした。9月10日ごろには完成してましたが、iOS7での確認を済ませてからの申請と考え20日以降の申請となりました。
 OS6と7では、上のバーの表示と座標の問題が発生しました。OS6ではバーの下の部分が座標0,0になるのに対して、OS7では、バーを含めたディスプレイ画面の左上が座標0,0になります。つまり、座標の扱いががらっと変わってしまいました。なぜこのような混乱を招くような仕様にしたのか疑問でなりません。OS7の仕様は間違った仕様のように思えます。いずれ不評により、OS6に逆戻りするのではないかと思っています。元に戻されても今になっては困りますけど。
 

  1. ・経過
     9月22日 申請
     9月29日 認可
     9月30日 リリース(予定通り)
     
    弁理士短答試験の受験生向け学習用アイフォンアプリ(無料)を公開しました。
    アプリ名は弁理士短答試験過去問題記録ノートといいます。特許法、実用新案法、意匠法、商標法の条文を搭載しています。
    以下より無料でダウンロードできます。
    無料ダウンロード

    ・ソフトの説明
     弁理士短答試験の過去問題を学習する無料の勉強アプリです(H25年に出題された問題を利用してます)。出題さらた60問の中から利用者が1問を選び、問題を解いていきます。
     解いた問題で正解した履歴を記録する機能を備えており、認識が足りない問題を把握することができます。正解するまで問題を解いたり、正解回数が同じになるまで全問題を解いたりするなど、ご利用できます。
     
    さらに、特許、実用新案、意匠、商標の条文データを搭載していますので、問題を解きながらでも条文を表示できます。(著作権、不正競争防止法他の条文については今後のバージョンアップで対応予定)

     この無料アプリをダウンロードすれば、重くてかさばる紙媒体の条文集を持ち歩くときの不便性が解消されます。スマートフォンアプリにダウンロードするだけ。
     

  2. ・機能紹介

     閲覧したい条文は、使いやすいダイヤルピッカーを採用し、20条毎にジャンプして見たい条文を素早く表示します。
     弁理士短答試験の過去問題(現在は平成25年度の問題を使用)の一覧リストから1問を選択し学習していきます。正解の履歴が残るので、勉強不足の問題を把握することができます。(解説については、書籍、参考書をご覧ください。)
     このアプリは特許法、実用新案法、意匠法、商標法の4つの条文データを搭載しているので、紙媒体の法文集を持ち歩く必要はありません。問題を解きながら、画面を切り換えて必要な条文を表示することができます。

     

  3. ・ダウンロード
    以下より無料でダウンロードできます。
    無料ダウンロード

    help1

    help2

    help3

    その他のアプリ(無料ゲーム)の情報はこちらに記載しています。cocos2d for iPhoneを利用しています。
    無料アイフォンアプリ、ひよこレスキューの紹介
    無料アイフォンアプリ、フルーツ打の紹介
    無料アイフォンアプリ、どんぐり合戦の紹介

  4. 関連記事

    「スポンサーリンク」


    ツイートツイート
カテゴリー: iPhoneアイフォンアプリ開発 タグ: パーマリンク