海外ニュース(見出し)、FBI捜査犯罪ドラマ、クリミナルマインド、エミリー役のパジェット・ブリュースターが200回でカムバック |(国内)「私的使用のための複製」ではない自炊代行、作家側が勝訴

海外ドラマ

FBI捜査犯罪ドラマ、クリミナルマインド、エミリー役のパジェット・ブリュースターがカムバック 

  1.  Paget Brewster Returning to Criminal Minds for 200th Episode

    クリミナルマインドは、連続殺人や誘拐事件を主に扱うFBI捜査の犯罪ドラマです。極悪、精神異常犯罪者と同じ思考、視点になって犯罪を捜査するため、精神的な苦痛を受ける出演者達。

    パジェット・ブリュースターが今シーズンの200回エピソードに出演します。
    ブリュースターはプレンティスを演じ、シーズン7でインターポールの仕事のためにBAUを去りました。彼女は今シーズンから去るのに前後して、CBSは彼女のエピソード数を調整し、彼女はコメディ番組に出演する代わりに決めました。しかし、CBSはブリュースターをシーズン7で再度契約しました。

国内のニュース

「私的使用のための複製」ではない自炊代行、作家側が勝訴 

  1. >購入した書籍に関して個人が利用する範囲であれば、スキャンのための自炊は問題ないのはわかります。自炊代行も小規模で購入した書籍であれば、問題なさそうですが、そのデータがネットに流れる恐れがあるので、そういった問題も含めて自炊代行は違法になるでしょう。
    「自炊」代行めぐる著作権訴訟、作家側が勝訴 東京地裁
    「紙の本を裁断、スキャンしてパソコンなどに取り込み、電子書籍化する「自炊(じすい)」の代行ビジネスで著作権を侵害されたとして、作家の浅田次郎氏らが業者2社に、代行業の取りやめと損害賠償を求めた訴訟の判決が30日、東京地裁であった。大須賀滋裁判長は2社に計140万円の賠償と業務の取りやめを命じた。」

  2. 関連記事

    「スポンサーリンク」


    ツイートツイート
カテゴリー: 海外のニュース記事 タグ: , パーマリンク