アル中病棟、失踪日記2、吾妻ひでお、感想、ネタバレ、

アル中病棟、失踪日記2、吾妻ひでお、感想、ネタバレ、

内容、ネタバレ

ネタバレがありますが、ほぼ、アル中病棟の日常がかかれているだけなので、特に目立って説明する事はありません。
アル中病棟での患者同士のやり取りがメインで、失踪日記1ほど起伏に富んだ内容はありません。

失踪日記1では、知名度のある漫画家(誰もが知っている有名な漫画家ではないと思います)が家族がいながら、家出、ホームレス、水道業者、アル中生活、そして入院と、人の浮き沈みの変化を体験し、まるで波乱万丈といえる生活を、リアルではなく何処と無くあっさりとコミカルに描いてました。ホームレスの生活の一端がわかる内容で軽ーく楽しめました。

仮に自分がホームレスになっても生きていけるなと、こんな感じなら自分も何か問題があっても勝手に安心しました。なりたいわけではありません。

今回のアル中病棟はタイトルがおドロしく、買って読むには、人生の悲惨さを学びそうで、後味が悪くなりそうな印象を受け、続編を待っていた読者の購買意欲を削ぐタイトル名ながらも、失踪日記後半で描いていたアル中患者の触れ合いと騒動をコミカルに描いています。

感想

アル中は、「心の病」というところが心に残りました。でも、精神病とはまた違うでしょうし、超軽度の精神的問題を持っている状態なのでしょう。私はアルコールをたしなむ程度しか飲みませんが、アル中の問題は難しいと思いました。

巻末最後の
「不安だな、大丈夫なのか?俺」

というセリフに、まるで自分のことのように思えてしまいました。自分の不安は今後の変化のない単調な生活です。

コマ割りは、三段になり、大きなコマも多くなりました。でも、背景や、バックは、丁寧に描かれていて、イラスト、漫画の参考になります。吾妻先生の描かれる絵は、読みやすく、構図がしっかりしているので、非常にわかりやすいとおもいます。登場する女性は、何故かみんな可愛らしい。

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: マンガ感想 タグ: , , パーマリンク