海外ニュース、見出し、サンフランシスコは肥満防止のため砂糖飲料について課税の議論をはじめる|ニューヨーク州、タバコの最低価格1050円(10.5ドル)か?

サンフランシスコは砂糖飲料について課税の議論をはじめる

>どこの国でも、肥満問題は健康問題、医療問題へとつながり、健康な生活を脅かすものです。本来は個人の責任において、食べ物、飲み物についてバランスよく考えて、毎日の生活の食事の中で選びながら、摂取するものです。アメリカの場合は、そのコントロールが効かない人が多いみたいで、自治体がその規制に動き始めました。

過去の記事
ニューヨークシティのたばこ問題、見えないところへ イコール うんざり ?海外ニュース

San Francisco joins sugary drinks fray with tax proposal

カリフォルニア州サンフランシスコは、砂糖飲料の摂取を抑えるために最も努力をするアメリカの都市として、子供の肥満と糖尿病の増加の原因とみられる飲み物に対する課税をすすめるつもりかもしれません。
スーパーバイザーのスコットウィナーさんは木曜日、ソーダおよびその他の砂糖が加えられた飲料に関して、公式に2014年11月に1オンスあたり2セントの税金をかけるよう提案すると発表しました。

その他の都市については、同様の動きはありませんが、南コロラドでは似たような動きがありました。

アメリカの飲料協会の代理人は、税金を上げ、窮屈な制度を加える事は健康な人々にとって必要ではないとコメントしました。

ニューヨーク州、タバコの最低価格1050円(10.5ドル)か?

>日本でもタバコの税金が高くなっていて、タバコのを吸う人の懐が寂しくなっていきますが、アメリカではもっと高く1箱千円なので、非常に高価な嗜好品となっています。

NYC council votes to make tobacco-buying age 21

アメリカ合衆国の2、3の他の場所以外はたばこの購入年齢を高く規制するための圧倒的な投票が行われた後は、大都市での21歳未満のタバコの購入はできなくなります。

議員は、18歳から21歳にタバコの購入制限を引き上げ、そして、最低価格を10.5ドルとする請求を承認しました。

「タバコの依存度は非常に早く、若い人たちがタバコを吸う機会を早めに減らすことで、彼らがタバコを吸い始める前に、若い人のタバコの喫煙をやめさせることです。」

タバコ会社の代理人は、
「ニューヨーク市では、すでに最も高い税金が課せられており、最も密輸が高い都市です。」
「新しい法律ができても悪い方向にしか働かないでしょう」と話します。

「21歳が正しい年齢なのか?、アメリカ国民は、18歳で軍隊に加入できます。」

NARUTOナルト67巻 (2013/12月4日発売)最新刊、十尾はどうなる?

ONE PIECE 72 巻11月1日発売 (ジャンプコミックス) 尾田栄一郎、小人族に捕まっていたウソップ

カルビー じゃがりこチーズ 

レザーマン WAVE マルチプライヤー [ナイロンシース]

旧ウェーブをさらに進化させた新型WAVEマルチプライヤーですレザーマン WAVE マルチプライヤー ...

レザーマン WAVE マルチプライヤー
旧ウェーブをさらに進化させた新型WAVEマルチプライヤーです

実用性抜群のペンチ付きツールナイフで●ニードルノーズブライヤー●レギュラーブライヤー●ワイヤーカッター●ハードワイヤーカッター●クリップポイントナイフ●波刃ナイフ●のこぎり●はさみ●ウッド・メタルやすり●ダイアモンドコートやすり●ラージビットドライバー●スモールビットドライバー●ラージスクリュードライバー●ルーラー(8inch/19cm)●ボトル・缶オープナー●ワイヤーストリッパーを装備

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: 海外のニュース記事 タグ: , パーマリンク