海外ニュース、見出し、映画スティーブ・ジョブズ役を演じたアシュトン・カッチャーとデミ・ムーアさん正式に離婚が決まる|(国内)公正取引委員会の審決を取り消して、JASRACの使用料徴収は競争を妨害|「日本を避ける」朴槿恵外交、日本は韓国との対話必要なし

海外ニュース、ハリウッド情報

映画スティーブ・ジョブズ役を演じたアシュトン・カッチャーとデミ・ムーアさん正式に離婚が決まる

>スティーブ・ジョブズ役を演じたアシュトン・カッチャーについて、映画キスアンドキル、ハーパー★ボーイズを見るまで、アシュトン・カッチャーって誰?とうい感じでしたが、みたら結構カッコ良かった。まさかデミ・ムーアの若い旦那とは思いませんでした。
彼は年上が好みだったんですね。

Ashton Kutcher and Demi Moore’s Divorce Nearly Finalized After Two Years

映画『スティーブ・ジョブズ』予告編

2年続いた結婚ですが、アシュトン・カッチャーとデミ・ムーアさんぼぼ正式に決まります。
カッチャーさんは、裁判所の提出書類によると、発表の準備宣言、収入費、資産と負債を含む書類をムーアさんに与えました。両者が同意すれば、すぐに離婚が決まるでしょう。
ムーサさんが公表した内容によると、2011年11月にカッチャーさんと別れ、2012年12月に離婚届を提出。かつてムーアさんはカッチャーさんからサポート受けてきたとされていましたが、あるレポートによれば、彼女は何も受け取っていないということでした。

2005年に結婚したカップルは子供がいませんでした。

国内ニュース

公正取引委員会の審決を取り消して、JASRACの使用料徴収は競争を妨害

>著作権者に正当に配当が渡されているなら良いのでしょうけど、途中で巻き上げられるようなら不要です。

JASRACの使用料徴収は競争を妨害…高裁
「東京高裁(飯村敏明裁判長)は1日、「JASRACの方式は新規参入を著しく困難にして自由競争を妨げている」との判断を示した。」

「日本を避ける」朴槿恵外交、韓国との対話不要、相手が求めていないのだから

「日本を避ける」朴槿恵外交 韓国、いらだち募る
>日本は、韓国と仲良くする必要はないので、いつまでも韓国がそっぽを向いてくれる方を望みます。対話の条件が、竹島と慰安婦問題で解決が金になるし、そんな対話は必要ありません。

歴史認識を認識していないのはどちらか、歴史を曲げ歪める韓国

「朴大統領が安倍首相との首脳会談になかなか腰を上げない背景には、安倍首相に対し「右傾化」とか「軍国主義復活」などと非難を続ける韓国内の世論がある。就任以来、日本に対し「正しい歴史認識」を要求してきた手前、雰囲気がよくない」

自己中心的な韓国内でやっと他人の考えが理解できるようになったか、というより自国のことしか考えていない

「韓国で批判の声が強かった日本の集団的自衛権に対し米国の支持が明確にされ、安保を中心に日米緊密化が印象付けられた。韓国の日本に対する一方的で極端な非難が国際的には必ずしも同意されていないという現実が明らかになった」

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: 海外のニュース記事 タグ: パーマリンク