海外ニュース見出し、オンラインデートの利用者は異人種間での関係が良好|精神的な問題を抱える患者のセラピーにペットが活用される|クリミナル・マインドのDr.スペンサー・リード役マシュー・グレイ・ギュブラーが監督

クリミナル・マインドのDr.スペンサー・リード役マシュー・グレイ・ギュブラーが監督

Criminal Minds’ Matthew Gray Gubler Directs “Realistic” Episode: I Had to Bring the Insanity

クリミナル・マインドで天才Dr.スペンサー・リード役を演じたマシュー・グレイ・ギュブラーは、エピソード6の監督をしています。
でも、ものには全て始まりというのがあります。
「この一つがおそらく僕が監督した作品のなかでも最も基盤の作品となるでしょう」
と話しました。
「ほんの少し現実的で、このエピソードでは、常軌を逸したとは思えない作品になるでしょう。だから僕はほんのちょっとだけ、精神異常的になる必要がありました。」

彼がそれを求めなかったというわけではありません。
エピソード5の舵を取ったあとで、ギュブラーは自分の外側を見るようにして、なにか違うことを挑戦しようとしました。
「たいていのクリミナル・マインドのエピソードは地球上での事件です。私自身は木星から着ました。これは火星がからです。(意味不明)」

オンラインデートの利用者は異人種間での関係が良好

Online dating users more open to interracial relationships, study finds

 USATODAYの報告では、オンラインデートに参加する人は異人種間の関係がより良好であると発表しました。
 カリフォルニア大学の研究者たちは、OkCupid.comの加入者約12万6千人を対象に分析しました。
 
研究者は、次のことを発見しました。大抵の人は自分の人種の中の他の人と接触しようとする傾向があり、研究者の予測以上に異なる人種の人からのメッセージにも応答するということがわかりました。

他の人種からのメッセージの応答した人は異なる人種の人との議論に応じる傾向があるようです。

「先入観のレベルが変わったわけではなく、異なる人種を避ける傾向があり、その理由は他の人達は自分たちに興味が無いと思っているからです。」

白人の11%、黒人の12%、ヒスパニック系の8%の人たちは、オンラインデートを利用したことのあるアメリカ人の11%を構成します。

精神的な問題を抱える患者のセラピーにペットが活用される

Rise in pets as therapy for mental conditions

動物たちが精神的な障害を持つ患者の補助をする手助けとして徐々に活用されています。動物は自閉症、PTSDやその他の症状のある人を日常的に助けることができるという実績が揃ってきました。

大抵の場合は犬ですが、時々ミニチュアホースやチンチラなどの動物もいます。いくつかの動物は高度な訓練受け、例えば、自閉症の患者の社会的技術や交流面を補助する役目をしています。

他にも感情をサポートする動物がいます。成長が早く特に訓練を必要としない動物です。

 29歳のアニー・リーダーさんは、フロリダ州のパームビーチに住んでいます。彼女は解離性障害を持ち、記憶障害、他人から孤立した感情と人と物が認識できない感覚(訳不明)の病状を持ちます。彼女は介助犬として、バンブーという名前のバセットハウンドビーグル犬を飼い、自分がパニック障害などになったときに犬が助けてくれると話してくれました。その犬バンブーは警告として、彼女の膝によりかかり教えてくれます。
バンブーが彼女の行動またはその他から彼女の変化を読み取っているのかどうかわからないと話しました。でも彼は私がパニック障害になった時を察知してくれます。

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: 海外のニュース記事 タグ: , , , パーマリンク