海外ニュース見出し、オクラホマ州、警察が33年前に脱獄した囚人アンソニー・ラッカリーを逮捕、脱獄後にパートナーから脅されて刑務所に戻る|ニュージャージー州、矢が突き刺さった鹿を手当して森に返す|(国内ニュース)どーなるマツダ、新車試乗会のブレーキ自動制御機能の体験中で、車がフェンスに衝突し運転していた男性が首を捻挫し、助手席の男性が腕を骨折

海外ニュース

オクラホマ州、警察が33年前に脱獄した囚人アンソニー・ラッカリーを逮捕、脱獄後にパートナーから脅されて刑務所に戻る

>どうやら、脱獄後の仕事仲間とトラブルにあったようです。

Oklahoma police arrest prison escapee after 33 years on the run

30年以上も前にメリーランド刑務所から脱獄した男を逮捕しました。彼を逃亡者だと知ったビジネスパートナーが彼を脅迫し、このやりとりにつかれたとして、警察に自首しました。

アンソニー・ラッカリー62歳は、強盗の罪により刑期を務めるメリーランドの刑務所を1980年に脱獄しました。彼は偽名を使い、ライオンズクラブコニュニティサービス協会から生活費を稼ぎました。

オクラホマ市警察の曹長、ゲリー・ナイトさんは
「彼はゆすりにあったと電話してきました。」
と話しました。そして、彼が
「私(ラッカリー)はメリーランドから脱獄した囚人です。」
と素直に話したそうです。

偽名ジャック・ワトソンことラッカリーは警察に次のように説明しました。
彼のパートナーは、ラッカリーが脱獄犯だということを知っていて、多くの金を要求してきたそうです。パートナーは十分金を持っていたのにかかわらず。

「彼は、払わずに済むように刑務所に戻るつもりでした。」
曹長は説明しました。

オクラホマ警察はビジネスパートナについて調査しました。

ニュージャージー州、矢が突き刺さった鹿を手当して森に返す

New Jersey biologists remove arrow from young deer’s head

画像
鹿の顔に矢が突き刺さる
野生生物保護当局は若い鹿の顔に矢が突き刺さっているのを見つけ、鹿から矢をはずして、森に返しました。
生後5ヶ月のオスの鹿の頭に突き刺さった矢は、鹿にダメージを与えるものではなく生死に別状はありませn。

11月1日に土地の所有者が、この怪我をした鹿を見かけたということでした。

国内ニュース

どーなるマツダ、新車試乗会のブレーキ自動制御機能の体験中で、車がフェンスに衝突し運転していた男性が首を捻挫し、助手席の男性が腕を骨折

マツダ新車試乗会で事故=ブレーキ自動制御機能の体験中―フェンス衝突、2人けが

「新車試乗会で、マツダ(広島県府中町)の普通乗用車「CX―5」に搭載された前方の障害物を検知しブレーキを自動制御する機能の体験中、車がフェンスに衝突する事故があった。」
「運転していた会社員男性(39)が首を捻挫するなど軽傷、助手席にいたマツダオートザムの従業員男性(22)が腕を骨折する重傷を負った。」

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: 海外のニュース記事 タグ: , パーマリンク