海外ニュース見出し、オハイオ州、余命僅かな少年13歳のデヴィン・コールマン君の最後の望みはクリスマスを自宅で迎えること|ハリウッド俳優のアレック・ボールドウィンは裁判で冷静さを失い、涙をながす

ハリウッドニュース

ハリウッド俳優のアレック・ボールドウィンは裁判で冷静さを失い、涙をながす

>有名になるというのも大変です。
Baldwin’s dramatics: Alec loses his cool during court arrival, appears to cry on the stand

アレック・ボールドウィンはニューヨークの裁判所に入る時と出るときに再びパパラッチに悩まされることになりました。
「嘘つき」
ボールドウィンはニューヨーク・ポストの写真家GNミラー氏に向かって叫びました。昨年2月、ボールドウィンはミラー氏について攻撃をはじめました。
裁判所を出ると、ボールドウィンはレポーターに囲まれ、
「私は君たちが窒息して死ねばいいと願っているよ」
と語りました。

“30 Rock”の俳優のストーキング行為についての裁判に出席しました。
彼は、性的な関係もロマンチックな関係もカナダ人女優とはなかったと証言し、彼女が一晩に12通ものボイスメールを送信したり、彼の自宅に現れるようになったと説明しました。証言の間、彼は目を拭いつつ証言しました。

彼は、サボーリンさんと友人の紹介で食事をし、メールアドレスと電話番号を教え、演技についてやりとりをしました。
彼女は彼に一晩に30通ものボイスメールと数百通のメールをを送り付け始めました。そして、現在の妻のヨガクラスに押し入るという脅しや彼の自宅に押しかけるようになり、彼はそれらの行為を阻止するために警察へ連絡しました。

過去のいきさつは、こちらの記事、TVグルーヴ(外部サイト)2012年4月10日記事「30 ROCK」アレック・ボールドウィンをストーカーした女優逮捕があります。

クリスマスのちょっといい話

オハイオ州、余命僅かな少年13歳のデヴィン・コールマン君の最後の望みはクリスマスを自宅で迎えること

>彼の望みを叶えてくれたのは、彼が住む町の人々でした。まるでこころのチキンスープにでてくるような温かい人達のふれあいみたいでした。
chicken soup for the soul(心のチキンスープ)「かわいそうなボプシー」(消防士になることを夢見た難病の少年)

Ohio Boy Who Came Home for Early Christmas Dies

最後の望みとして、クリスマスを自宅で迎えたいという願いを持った余命僅かな少年が死亡しました。それは、彼が自宅に帰って、故郷の町の人々やクリスマスツリー、バイクに乗ったサンタクロースに歓迎された2週間後のことでした。

医者が13歳のデヴィン・コールマン君の家族に彼は長く生きられない話し、エリー湖のポートクリントンの住民が彼に早いクリスマスを与えてくれて望みが叶いました。

住人たちは、クリスマス前に、家族のアパートの前でキャロルを歌い、アイス・シャーベットを彼の窓の近くに吹きあげ、カラフルなライトで飾り付けクリスマスの雰囲気を演じました。

デヴィンくんは2012年の夏に脳のガンと診断され、月曜日の午後に亡くなりました。
彼は、病院で治療を続け、最後の日を自宅で過ごしました。住人たちは、町のメインストリートに集まり、警察にエスコートされたデヴィンくんを歓迎しました。

彼は、家から外出することができず、窓から住民たちが演じてくれたクリスマスを楽しみました。

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: 海外のニュース記事 タグ: , , , パーマリンク