海外ニュース見出し、イギリス秘密情報部員ギャレス・ウィリアムズ氏の奇怪な死はスパイ機関によるもみ消しか?|ウォルマートは感謝祭では従業員にターキーディナーをサービスする

海外ニュース、イギリスなど

イギリス秘密情報部員の奇怪な死はスパイ機関によるもみ消しか?

Mystery Still Surrounds Bizarre 2010 Spy Death in London

イギリスの警察は、2010年の21歳のイギリス情報調査員の死について、なぜバッグの中で死体となって発見されたか解明できていないと認めるも、スパイによるもみ消しの存在を否定しました。

ギャレス・ウィリアムズ氏はイギリスの秘密情報部の暗号解読の仕事をしていました。
2010年8月23日、彼のアパートの浴室で、ダッフルバッグの中から死体で発見されました。

当時の警察は、彼の死がスパイと関係するものではないとし、事実関係については不明だと発表しました。
ウィリアムズ氏は国家安全保障局にスカウトされ、世界クラスの情報調査員、天才と上司から認められていました。

事件から3年の調査でも、いくつかの重要な疑問は解決されていません。

疑問として、彼のバスタブに指紋が残されていないこと、殺害の動機が不明です。
警察は、夏の暑い時期にアパートのヒーターが最大に設定されており、MI6がウィリアムズ氏の死後、警察に8日間にわたって連絡をしてきたことを発表しました。

ウィリアムズ氏の家族は、当時の上司に対して、彼が出社しなかったときに何故調査しなかったのか失望したと話しました。

ウォルマートは感謝祭にターキーディナーを従業員にサービスする

>コメントには、感謝祭くらい家族でディナーを取りたいという意見がありました。商売に必至ななのは日本だけではないようです。というよりも感謝祭やクリスマスがおそらく1年で一番の稼ぎどきであり、1年の利益の半分以上をこの時期に稼ぐからという理由もあるのでしょう。日本でもお正月くらいゆっくりしたいという従業員の声で三が日はお休みにするところも増えました。無理して商売する必要もないわけです。

Walmart to Give Workers Turkey Dinner on Thanksgiving

加工食品やディスカウントの洋服であふれた通廊は、感謝祭を祝うのにふさわしい場所ではありませんが、少なくともウォルマートの従業員はターキーの料理(マッシュポテト、ロールとパイ)を味わうことができそうです。
夕方、夜勤などの勤務になるウォルマートの従業員が対象です。休日に働く従業員の数は約百万人にものぼります。ブラックフライデーセールが感謝祭の日に昨年よりは2時間早い夕方6時から今年はスタートします。

すべての従業員が感謝祭に働くことを熱望しているわけではありません。
ある投稿では
「感謝祭は家族の時間だ」
という意見がありました。

ある意見は
「感謝祭ではほとんどのお店が閉まっています。私は、ウォルマートが多くの街で代表的な存在だということを知っています。みんながウォルマートが閉店するクリスマスに生きようとしています。私はシングルマザーで、感謝祭の日に息子と一緒に過ごせないことが非常に心が痛みます。」
と述べています。

ウォルマートの接客販売担当者は、
「少数意見もありますが、感謝祭はとってもエネルギッシュな日でワクワクします。」(意訳)
と話しました。

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: 海外のニュース記事 タグ: , , , パーマリンク