海外ニュース見出し、ターミネーターのTV新シリーズが計画中”アイルビーバックI’ll be back”|アマゾンCEOジェフ・ベゾス、今度はロケットエンジンを開発、ブルーオリジン社

ターミネーターのTV新シリーズが計画中”アイルビーバックI’ll be back”

New Terminator Series in Development
スカイダンスプロダクションとアンナプルナピクチャーズは2015年に、新しいターミネーターのTVシリーズを予定していると発表しました。
X-MENファーストクラスの脚本家ザック・ステンズとアシュレー・ミラーは脚本を書き、エグゼクティブプロデューサーとなり、交差した2つのストリーとして構成を検討中です。(意訳)

TVシリーズは、映画ターミネーターの後に2008年にターミネーター、サラ・コナー・クロニクルズとして公開されました。しかし、オリジナルのターミネーターとは異なるストーリーでした。(要約)

アマゾンCEOジェフ・ベゾス、今度はロケットエンジンを開発、ブルーオリジン社

Amazon CEO Jeff Bezos’ secretive Blue Origin company test-fires rocket engine

アマゾン・ドット・コムのCEOジェフ・ベゾス氏が創設した秘密のプライベート宇宙飛行会社ブルーオリジンは新しいロケットエンジンのテスト噴射に成功しました。

ブルーオリジンは2000年にジェフ・ベゾス氏により設立され、この会社が宇宙飛行機を開発していることはあまり知られていません。

11月20日に、テキサス州でロケットエンジンBE-3の試験が行われました。
ブルーオリジンにより最初の宇宙飛行船として開発されており、2つの再利用可能なモジュールで構成されています。ひとつは搭乗者のためであり、もうひとつは推進力に利用します。

NASAの話によれば、このBE3は最初の液体水素ロケットエンジンです。10年以上前にデルタIVで開発されたエアロジェットロケットダインのRS-68以来になるそうです。
(詳しくは原文を)

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: 海外のニュース記事 タグ: , , , パーマリンク