ユーチューバーの動画をみて不快感のある人ない人、なぜ素人の動画を見ていられるのか?|毎日描け、乗用車の描き方、前方斜め少し上からの視点by鉛筆

ユーチューバーの動画をみて不快感のある人ない人、なぜ素人の動画を見ていられるのか?

無料動画(最近では有料動画も始まったようですが、)のユーチューブでこんなもの買ったからレビューしちゃうよ的な動画がアップされています。数件しかUPしていない人もいれば、シリーズ化したり、毎月、毎週のように購入した商品を懇切丁寧に解説しつつ自分撮りでユーチューブにUPしている人たちがいます。

例えば人気のユーチューバーの人といえば、瀬戸弘司さん(ユーチューブへ)、ジェットダイスケさん(ユーチューブへ)、カズさん(ブログ、外部サイト)です。
驚くことに、この人達の1つの動画の再生数が数千、1万回以上なんです。びっくりデス。まさに人気ユーチューバーです。中には、専業のユーチューバー、ブロガーの方もいらっしゃいますが、グラビアアイドルの動画(公式、非公式問わず)でも再生数は万を超える動画は少ないのに、いわゆるおっさんたちが商品を単に紹介しているだけなのに、1万回も再生されているのは驚きです。しかも、テレビとかに出演している人でも芸人でもミュージシャンでもありません。瀬戸さんは役者みたいで、劇団に所属されているような記載がありましたが、動画ばかり作っているので、ほとんど役者、俳優としては活動されていないような雰囲気です。

こういった常連の人達をユーチューバーと呼ぶらしいのですが、この人たちはほとんどが素人で一般の人です。なかには、専業となりプロのユーチューバーもいるようです。
 ユーチューブで公開されている動画をみて、自分撮りをしているので、当人が動画に登場しそれを視聴者がみるわけで、私はテレビショッピングのようにその商品説明を視聴し、今後の商品購入の参考にさせてもらうつもりで見てしまいます。時間にして約3分から5分程度でしょうか。
 また、この常連のユーチューバー以外の動画も見ます。しかし、数十秒であっても見ていられない動画が中にはあります。それは、解説が下手だったり、内容が全くない動画だったりしますが、自分撮りをしている出演者がどうしても生理的に受け付けない顔だったり、長時間、出演者の顔だけを見ていられない撮影の仕方だったり、話し方が気持ち悪かったります。顔のドアップはやめろとか言いたくなります。

このように、ユーチューブの商品説明、買ってみたやってみた動画を見続けることができる動画、できない動画はどういったものでしょうか。

結論:親しみがわく顔、わかりやすい話し方をしており、不快感がない人だから

 「YouTubeに投稿されたユーチューバーの動画に登場する不快感のある人ない人、なぜ素人が出演する動画を見ていられるのか?」について、結論を先に言えば、出演者、登場する人の顔が親しみがわく顔で、不快感がなく、商品解説でもわかりやすい話し方をしており、商品の良いポイント、悪いところを解説している動画であれば見るということになります。商品解説や動画の内容が丁寧で懇切でも、(言い方が悪いのですが、)宇宙人みたいな顔の人がドアップで登場する動画は見たくありません。

そういえば、芸人さんでブサイクと言われる人たちがいます。ブサイクというと、不快感がありそうな言葉ですが、テレビでみると、ブサイクが不快感とは言えません。ブサイクでありますが、愛嬌のある顔だったりして、テレビで見ていて見るに耐えない顔ではありません。

テレビの場合は、オーディションや事務所と番組のディレクターたちが出演者を選ぶわけですから、そこで出演者の選別が行われます。当然、テレビ受けする人が出演するわけです。
でも、ユーチューブはだれでもがどのような動画でもアップ出来てしまいます。

私も自分のつまらない動画をUPして誰がこんなのを見るんだというような動画アップします。当然ながら、再生数は10以下です。こんなものなのです。

不快感があるので見たくないユーチューブ動画とは

 個人的偏見を含みますが、

  1.  不潔感のある人がドアップで登場し、解説している動画は見たくない(ピクチャー・イン・ピクチャーで対応すればよいのかも)
  2.  オーバーリアクションすぎて、見ていてこちらが寒くなる動画は見たくない(もっとアクションを抑えて、普通にやってよと言いたくなります。でも書き込みません。)
  3. 顔が不細工で愛嬌のない顔の動画は見たくない(個人的主観なので、人によって異なります。なので、ブサイクとか、愛嬌があるとかは各自の判断となります。そのため、再生回数が多い動画でも見たくない時があります)

無精髭を生やして、動画に登場する人(ジェットダイスケさんとか)もいますが、なぜか不快感はないのです。つまり私にとって、彼の顔は愛嬌があると思えるので、無精髭というマイナス要素を消しているのだと思います。
キアヌ・リーブスがオフの日に、無精髭を生やしたままで、レストランでワインを飲んで酔いつぶれていてもやっぱりかっこいいですし、ブラッド・ピットが無償ひげをはやして、映画のプレミアに登場しても問題ないみたいなものでしょうか。

不快感のない動画を作成するには

 要するに、ユーチューブで顔出しして出演するときは、自分の顔に自信がなければ、顔出ししないか、小さくピクチャー・イン・ピクチャー機能で登場させたほうが観てもらう方の生理的嫌悪感を減らせるなと思いました。やっぱり、顔は大事です。心も大事ですが、他人に動画を観てもらうには、それなりでなければならないようです。
 
 でも、顔出しをしたほうがよい場合もあるので、そのときは、短めに登場して簡潔に終わったほうがよいのでしょう。不快感が出てくる前に画面から消える。
自分も気をつけます。

なお、話は動画編集ソフトになりますが、マックOSXをお使いの方なら、無料でiMovieがついてくるので、最新のiMovieならピクチャー・イン・ピクチャーが付いているので使えます。最近iMovie使ってませんが、今度ユーチューブに動画をUPしてみようと思います。

ユーチューブ関連記事

ユーチューバーはチャンネル登録数アップのために方向性を模索している、どうやって登録者を増やすか

毎日描け、イラスト

乗用車の描き方、前方斜め少し上からの視点by鉛筆

画像
車
乗用車を前方斜め少し上からの視点でとらえた描き方になります。
乗用車、一般車の描き方紹介です。紹介している私は絵が上手くはありません。あくまでも自分が車を描くときにどのようにして描いていたのかを記録として残すためです。いずれ、絵を描くことに飽きてまた数年後に描き始める時に、おそらく、車がかけなくなっているので、過去に車をどうやって描いていたのか思い出すためのものです。

車の描き方は海外の人がユーチューブに掲載しているので、いろいろなアプローチがあります。2点、3点透視により描く方法などあります。
私のは、アイソメトリック投影法のような描き方になります。
参考にした写真を見ながらなので、正確な投影法とはいえないと思います。

車の描き方、手順

車を描くときのポイントはタイヤの大きさを基準にします。このとき、車体の車の部分を含めて大きめに丸を描きます。
前面のタイヤの大きさを1として、そのタイヤで車の高さ、幅を決めます。
後輪のタイヤまでの距離は、約2から2.5倍程度です。

そして、2つのタイヤの中心から下方側の位置から、車体の下方側の線を地面と平行に2つのタイヤに接するように引きます。

そして、上方へタイヤ1個分の高さを車の屋根にします。
次に、前輪側から左側斜め少し上の方向へ車の幅を引きます。この斜め具合が車を斜めで見ている視線になります。
この角度が上の方に傾くほど、視点が上の方になり、車を上の方からみることになり、車を上から見るように描くことになります。
今回は、ほぼ前方から少し上の視点で書きますので、屋根はほとんど見えません。

そして、フロント部分からフロントガラスへと進みます。フロントガラスの下の部分を平行に線を引きます。少し山成で線を引きます。
次にフロント部分の支柱を後輪へ向け、右上斜め方向に引きます。ここで高さはタイヤの1個分となり、地面から2個分の高さになります。
自動車の曲線を思い浮かべながら、後輪へ引きます。少し、局面を与えながら引きます。

次に、ドアの描き方です。単純に前輪の後方側と後輪の中心点との中間点にドアの区切り線を入れます。そして、ドアノブを描きます。

タイヤのホイールの円を書きます。

そして、フロント部分にフロントの空気入れ部分とライトを描き、バンパーを書きます。必要に応じて、ナンバープレートを描くのも良いでしょう。

こんなかんじで、一般車を描いています。
かなり下手な車のイラストですが、1年前はもっと下手でようやくここまでになったのでした。

モンクーゾ イタリアンジェラート、レモン、オレンジ、森の果実
【取り付け部品付き】【会員カード付き】 浄化槽ブロアー日東工器(クボタ)LA-100エアポンプの馬場福楽天店|テトラ ブラックウォーター|浄化槽ポンプニッコー(日立)CP-80W
ライオン、スーパーパンチNo.18(202-17)|【プラス】 強力パンチ NO.200|コクヨ/強力パンチ 穴あけ枚数110枚|【カール】強力パンチ NO.122N|【オープン】ドリル式パンチ

水槽用冷却ファン取付け簡単!コトブキ スポットファン 102|スドー CO2レギュレーター RG-L|汽水魚専用 ミドリフグの水


ソニー ワイヤレスポータブルスピーカー ホワイト SRS-X7/W

関連記事

「スポンサーリンク」


ツイートツイート
カテゴリー: マンガ毎日描け タグ: , , , , パーマリンク